齋藤直人「チームのプラン通り遂行すれば世界と戦える」 | ラグビージャパン365

齋藤直人「チームのプラン通り遂行すれば世界と戦える」

2022/07/13

文●編集部


一時は体調不良でチームを離脱したSH齋藤直人。フランスとのテストマッチ第2戦に先発出場。持ち味である早い球さばきでアタックを推進した。「ゲームコントロールのところはプラン通りに遂行できた。」若き相棒のSO李承信とは「結構しゃべりながらやれた。自分が大分支えられた。何も気にならなかった」と話した。



――フランス代表戦を振り返って


〝たられば〟なんですが、勝つチャンス、機会はあった印象です。自陣での戦い方は意識して臨みましたし、そこに関してはよく遂行できた。後半のエリア取りに関してはちょっとレビューする必要があるかな(と思います)。流れの中で、自分がしっかり蹴るのか攻めるのか、味方の消耗も見て判断する必要があった。


――SH齋藤選手がボックスキックを蹴って、相手が蹴り返してカウンターでトライを挙げました。


ボールを手放して、相手がまた蹴りかえしてきたらアタックする。またモメンタムがなければ蹴って、その繰り返しでどこかでチャンスを見つけるという話を(チームで)していたので、やりたかったことができたシーンもあった。


――9番としてチームをドライブできた?


結果として勝ててないので、まだまだだと思います。(手応えは)ゲームコントロールのところはプランはしっかり遂行することは割とできた。(勝つためには)ボール持ったときにセットからのアタックの精度。3フェーズ以内のミスが多かった。(ミスは)ちょっとわからないですね。ハンドリングエラーの印象はなかった。


――ノックオンが多かったのは


(プレッシャーと滑るのは)両方あると思います。(滑るのは)この時期なので。


――相手に分析された?


ラインアウトは前で飛ばずにデリバリーされたのは、そういうことなんですかね? (チャージは)そういう印象はなかった。


――相手のキックをカバーしていました。


自分の役割ですが行かれました。


――SO李承信とコンビは?


結構しゃべりながらやれたと思います。ハーフタムは前半上手くいっていたので、そこを継続することとカウンター(アタックに)行くタイミングを話していた。自分がだいぶ支えられた。何も気にならなかった。やることも明確になっていたし、外側のFB山中さん、CTBディラン(・ライリー)、CTB(中野)将伍もサポートしてくれた。


――カウンターからの戻りがはやかった


そこはアタックするというのはチームで決まっていたので。そこも後半、アタックするのかエリア取るのかはレビューする必要がある。(後半は)セットスピード遅いなと思いました。


――フランス代表と対戦して自信はついた?


プレータイムをすごくもらえて経験に勝ることはないので、今すぐどこが成長したかはわからないが成長したと思います。(フランス代表には)吹っ飛ばされたりしたが、個人としてというより、チームのプランを遂行すれば世界と戦えると思った。


――どこを伸ばしたい?


特に変わらないが、強みはしっかり伸ばして、改善しないといけないところは改善していきたい。


――ブレイクダウンに関して


キャリアからはじまるのでそこはしっかりやろうという話はした。ブレイクダウンでいい球が出ないと日本の速いラグビーができない。取られたシーンに関してはキャリアが頑張れなかった、もう少し頑張れたと思う。2人目、3人目が遅いというより、(1人目は)もう少しやれた。1人目の寝方とかに問題がある。


――9番つけて試合時間が多かった。


絶対プラスになると思います。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ