2023へ、ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチが抱負を語る | ラグビージャパン365

2023へ、ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチが抱負を語る

2020/01/29

文●編集部


1月29日(水)、都内・JAPAN SPORT OLYMPIC SQUAREでラグビーワールドカップ2019年大会レビュー、男子15人制ラグビー日本代表の強化方針に関しての記者会見が行われた。

男子15人制ラグビー日本代表の強化委員長を務める藤井雄一郎氏、男子15人制ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)の2人が登壇した。

ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ

ミナサン、コンニチハ。
昨年、(のワールドカップ)でチーム成し遂げたこと誇りを感じています。一方、これから先、向かっているチャレンジがあることを認識しており、楽しみで、これからの4年間、ワクワクしています。

W杯期間中、日本のみなさんファンのみなさん、もともとラグビーファンもそうじゃない人も大会期間中チームを応援、支援してくださってくれたことにお礼を申し上げたい。そういったサポートなければこういう結果になっていなかった。改めて日本のみなさんに感謝をお伝えしたい。
アリガトウゴザイマシタ。


選手たちが本当に多くの犠牲払ってくれて、時にケガしても取り組み続けてくれた。

W杯の成功は、長い間いろんな影響もたらしてくれています。NZに帰国し、外から見ていると多くのメディアでラグビーが取り上げられ、選手たちはテレビに毎日出てくる。大会に向けた選手たちのハードワークの結果であり、網走、宮崎合宿での彼らのハードワークが実を結んで証明された。


また、トップリーグの開幕戦、何人が集まったのでしょう。本当に素晴らしい。先週末、神戸製鋼とサントリーの試合に行きましたが、たくさんの人々が集まっていました。これもW杯成功の成果の一つと言えると思います。


私がヘッドコーチとして日本代表に残ると決めることは難しいことではなかった。理由はシンプルに2つだけ。一つは、日本を愛している、それは国も日本の皆さんの考え方もです。

もう一つは、自分にはこの仕事を続ける責任があると思ったことです。これまでやってきたように、2023年に向けて日本ラグビーを強化、発展させていく責任を感じたからです。


大会から間があきましたが、これからの日本ラグビーについていろいろ考えたことをお話ししましょう。

もちろん、日本代表はこれからも強くありつづけないといけない。
そのために優先的に考えなければいけないのは、ウェルフェア(福利厚生)です。選手には「十分にプレーする時間」と同時に「ラグビーから離れた時間」を与えることが必要です。

ケガしている選手はリハビリをする、リコンディショニングをきちんとする。選手が最大限のパフォーマンスできる、という環境を整備したい。


トップリーグ(以下、TL)のストラクチャは、今年の12月から5月まで開催というのが適正だと考えます。

テストマッチラグビー(以下、TM)とスケジュールでコンフリクト(かち合わない)しないことが望ましい。それは、TLを戦って少し休んだりリコンディショングする時間が与えられ、6月、そしてチャンスがあれば11月のテストマッチに臨んでいくことができるからです。私が来日した6月はそうしたコンフリクトがありました。

コンフリクトせず、ストラクチャーが上手く機能し整えれば、選手はベストなパフォーマンスを発揮することにつながるだけでなく、日本ラグビー全体のレベルアップにつながるはずです。

もう一つ、ふれさせていただきたい。
ワールドカップの成功は、ポジティブな部分ももたらしましたが、さらにチャレンジしなければならないことも生まれた。

選手たちからは、もっとやりたいという気持ちが芽生えてきます。また、選手たちに対する海外チームからの需要も高まってきます。昨晩(1/28)、松島(幸太朗)がフランスへ行くというニュースがありましたが今後もそういった機会が出てくると思っています。

私はそうした機会がその選手のスキルセットをさらに磨いて、今までとは違うラグビーの下で経験することは、素晴らしい選手が、さらに成長するために必要だと思う。


一つ心配があるとすると申し上げると、スーパーラグビー(以下、SR)への参戦がこれから先なくなるということ。SRは選手たちがよりハード、よりタフなラグビーを経験する貴重な機会でした。テストマッチの準備に向けてメリットになっていたSRが代表強化につながっていたことは間違いない。

トップリーグが終了次第、代表合宿を行います。昨年の行った宮崎合宿のようなものになると思います。加えてテストマッチの前にはウォームアップゲームみたいなものが必要だと思っています。これが理想の形ではないと思いますが、この2点は必要だと思っています。TLで選手たちは戦っていますが、試合の中でテストマッチを意識してテストマッチのような試合をしてほしい。


大学レベルにもいい選手たくさんいます。TLに入ったばかりで活躍している選手もいます。だからと言って大学ラグビーの今のレベルがいきなりウェールズ、イングランドのようなティア1とのテストマッチで戦うために十分であるかどうか、私はクエスチョンマークがつきます。積み木を積み重ねていくように育成していくことが重要だと思います。

今年は、サンウルブズに早稲田大学の選手が実際に経験積んでくれている。そのような若い選手には今回ワールドカップで日本のラグビーがどういうラグビーをしたいのか、代表にどういうスキルが必要ななのか、どういうセレクションポリシーなのかということを彼らの目で見たと思います。

我々としてはこれまで何か変えるわけではなく同じポリシーで選手を選んでいきたい。もし大学生の選手で可能性あれば、代表に選んでいって十分戦えるか見ていって評価していきたい。

藤井雄一郎強化委員長

代表強化っていうことで、今まではサンウルブズを使ってできる限り海外のチームと試合ができました。今回のW杯成功した要因の一つだとは間違いない。今からはTLがどのレベルまで上がるのか。本当に国内だけでいいのか、そうじゃなければバッティングしないようにして、海外遠征の中で代表強化するように舵を取らないといけない。

でもTLの日程がここだと確定していなかったのでその辺プラン、案はこれからです。ただジェイミーHCにとってその強化の形は必要だと思います。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ