8点差での敗戦―80分を振り返る・2023年につなげる・トップチームに勝利するために | ラグビージャパン365

8点差での敗戦―80分を振り返る・2023年につなげる・トップチームに勝利するために

2021/07/04

文●編集部


3日、ラグビー日本代表はアイルランドの首都ダブリンにある、アビバスタジアムでアイルランド代表と対戦した。ワールドカップ終了後、新型コロナの影響を受け2年近く活動ができなかったジャパンは、約6週間の合宿しかなく、それでも前週に行われた、ブリティッシュアイリッシュライオンズ戦では、敗れたものの世界のスター選手を相手にしっかりと戦うことができることを証明した。

ライオンズ戦トライを決めたNO8姫野和樹。試合前のウォームアップで負傷。急遽欠場に。

ライオンズ戦トライを決めたNO8姫野和樹。試合前のウォームアップで負傷。急遽欠場に。

今週はダブリンに乗り込んだジャパンは、ホームでの勝率85%という驚異的な強さの相手に勝利するための準備に取り組んだ。ただ、ジャパンに試合開始直前でトラブルが発生。先発出場予定だったNO8姫野和樹がウォームアップで、右膝を負傷。急遽、テビタ・タタフが先発。リザーブにはアマナキ・レレィマフィが入った。

ラインアウトモールからFLリーチ・マイケルがトライ

ラインアウトモールからFLリーチ・マイケルがトライ

先制したのはジャパン。3分、アイルランドの連続ペナルティーからSO田村優がPGを決め、3-0。この試合先発のSH齋藤直人が敵陣10m付近でオフフィートのペナルティー。アイルランドに自陣へ入り込まれると、フェイズを重ねられCTBクリス・ファレルのトライを許し7-3と逆転を許す。

直後のキックオフ処理をアイルランドがミス。ジャパンが素早くプレッシャーをかけペナルティーを獲得。今度はトライを狙いにいき直後のラインアウトモールからFLリーチマイケルがトライ。10-7とジャパンが逆転に成功する。

フェイズを重ねて、完璧にアイルランドのディフェンスを崩し、ラファエレがゴール中央にトライ!・・・・と思われたが。スローフォワードで認められず。

フェイズを重ねて、完璧にアイルランドのディフェンスを崩し、ラファエレがゴール中央にトライ!・・・・と思われたが。スローフォワードで認められず。

18分、ジャパンはキックで敵陣に入り、ボールをキープ。ディフェンスが間に合わないアイルランドがペナルティー。再びラインアウトモールからフェーズを重ねるジャパン。10フェイズ以上をかけ、アイルランドを崩し、ラストパスを受けたCTBラファエレティモシーがゴール中央にトライかと思われたが、そのラストパスがフォワードパスの判定でトライは認められなかったが素晴らしいアタックが見られた。

25分、アイルランドSOジョーイ・カーベリーが自陣10m付近でショートパントを蹴る。そのボールを自ら保持すると、SHギブソンパークが素早くオープンサイドへロングパス。大外のディフェンスの枚数が足りず数的優位の状況からアイルランドにゲインを許す。内から外に向けたタックルのため、アタックの勢いを止めることができず、最後はCTBスチュアート・マクロスキーに左隅のトライを許してしまう。

それでもジャパンは直後のキックオフボール処理をミスしたところにプレッシャーをかけノットリリースザボールを誘いショットを選択。田村が蹴ったボールはゴールポスト左にあたり失敗。点差を縮めることができない。

それでもジャパンは直後のキックオフボール処理をミスしたところにプレッシャーをかけノットリリースザボールを誘いショットを選択。田村が蹴ったボールはゴールポスト左にあたり失敗。点差を縮めることができない。

34分、ジャパンは敵陣15m付近のラインアウトでLOジェームス・ムーアが相手ボールをインターセプト。アイルランドのプレッシャーをうけながらもボールをキープ。相手のディフェンスを惹きつけたところで、CTB中村亮土が逆サイドへ展開。中村からボールを受けたSO田村優が左オープンサイドへキックパス。精巧なキックはWTBフィフィタにつながり、フィフィタがゲイン。ディフェンス2人をひきつけながらラファエレへラストパス。ラファエレがトライ。難しい角度からのコンバージョンキックを田村が確実に決めて17-12と逆転に成功した。

得点した直後のキックオフボール処理をミスし、アイルランドのプレッシャーを受けピンチを迎える。直後のゴール前ラインアウトからの攻撃に対し、しっかりとダブルタックルに入り攻撃を止める。すると、カーベリーのパスを松島がカットしマイボールとし、田村が大きく敵陣に蹴り返す。

苦しい時間帯ながらアイルランドもそこから攻撃の手を緩めず再びアタック。23シェーン・デーリーのゲインから再び22m内側に切れ込むがボールをがキープできず、再びジャパンがボールを確保。自陣から再びアタックを仕掛けるジャパン。自陣22m付近での松島からマシレワへのパスが大きくタッチラインを超え、再びピンチを迎える。

この好機をアイルランドは見逃さず、前半ロスタイムでPRフィンレイ・ビーラムがゴール中央にトライを決め19-17とアイルランドがリードして前半を終えた。

キック、ランとあらゆる局面で存在感を見せたSO田村優

キック、ランとあらゆる局面で存在感を見せたSO田村優

後半の入り、アイルランドが自陣10m付近でスローフォワード。ジャパンはガッチリ組まれた見事なスクラムでボールをキープし、左サイドに流れていくように素早くボールを展開し、外側のスペースをつく。大外にいた松島までボールを展開し、マシレワがサポートに入りなんとかキープ。するとSO田村が、ブラインドサイドの狭いスペースをみつけピックアンドゴーでゲイン。ディフェンス3人に囲まれながら、田村が、右足のアウトサイドを使ってグラバーキック。そのボールをフィフィタがキャッチし、そのままインゴールへ。見事な流れでジャパンがトライを決め24-19と再び逆転。

46分、ジャパンは自陣10m付近で相手ボールを奪うとSH齋藤が裏のスペースへボックスキック。このボールがダイレクトキックとなり、アイルランドに再びチャンスが訪れる。直後のラインアウトからモール、そしてフェイズを重ね、ジャパンがノットロールアウェイのペナルティーこれで22mに入り込まれると、SHギブソンパークのパスダミーからゴール前までゲインを許し、FLジョシュ・バンダーフリアーがトライ。アイルランドが再び26-24と逆転に成功する。

途中で負傷したFB松島幸太朗は、ゲーム当初から厳しいマークにあった

途中で負傷したFB松島幸太朗は、ゲーム当初から厳しいマークにあった

50分、ジャパンはFB松島幸太朗がハイボールキャッチの際に負傷。シェーンゲイツが投入されWTBに。FBにはマシレワが入る。51分、アイルランドはジャパン陣内22m内側のラインアウトから、HO ロナン・ケレハーがパスダミーでゲインし、ゴール前までボールを運ぶと、モメンタムを止めることなく攻撃を継続。最後はWTBスコットデイルがトライを決め33-24とこの試合で最大の9点差とリードを広げられてしまう。

初先発のWTBマシレワのし掛けから

初先発のWTBマシレワのし掛けから

ジャパンもこのままでは終わらない。56分、カーベリーが自陣10m付近から低いキックでキック。そのボールをキャッチしたマシレワがカウンターアタックを仕掛ける。ステップを踏んで相手ディフェンス2人をひきつけながら、マフィへオフロードパス。マフィからフィフィタ、そして背走していた齋藤とつながり、一気にトライ。31-33と再び2点差と食い下がる。

2敗でありながら、2023年につながる2試合となるに違いないジャパンの欧州遠征。

2敗でありながら、2023年につながる2試合となるに違いないジャパンの欧州遠征。

勝負どころの残り20分、ジャパンは自陣22m内側でペナルティ。アイルランドはショットを選択。カーベリーが難なく決めて36-31。さらに68分にもジャパンはアイルランドにPGを許し31-39とリードを広げられた。

残り10分、体力的にも厳しい時間帯、ジャパンは中々敵陣に入ることができずそのまま試合終了。31-39でジャパンは勝利することができず、この欧州遠征を2敗で終えた。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ