初のファイナルへ!ウェールズ・WTBジョージ・ノース「これまでの旅路は長くいろいろなことがあった」 | ラグビージャパン365

初のファイナルへ!ウェールズ・WTBジョージ・ノース「これまでの旅路は長くいろいろなことがあった」

2019/10/27

文●編集部


26日、ウェールズ代表としては初の決勝進出をかけた大一番、南アフリカ代表との一戦を前に、WTBジョージ・ノースが取材に応じた。2011年ワールドカップで南アフリカと対戦し、16-17で敗れた。その時先発出場。ノートライに終わっている。選手として世界トップレベルにいる今、再びボクスに挑む。

18歳で代表初登場したウェールズ、ジョージ・ノースは90キャップを果たした。デビュー戦も2011年の南アフリカ戦。ウェールズとしては初の決勝戦進出をかけて、経験値も実力も成熟したトライゲッターが思いを話した。


――8年前と比べて今はどんな違いがありますか。

ジョージ 今回の大会の方がとてもいいフィーリングです。トップ4までこれてうれしい。2011年とは違う未知の世界だと思います。ここまで信念をもって頑張ってきました。今週は調子はいいです。フランス戦ではBKの展開は必ずしも望ましいものではなかったですが、この試合に対する準備はできました。あとは試合を待つだけです。早く試合をしたいですね。

今の気持ちをなかなか言葉で言い表すのは難しいです。いろんな感情があります。前向きな感情をもって、トライをとりたい。南アフリカは本当にすばらしいチームです。80分集中したい。


――91キャップを迎えます。


テストマッチの中でも、ワールドカップは重要です。私のキャリア人生にとっても重要です。準決勝はもちろん来週末でさらにいいパフォーマンスをしたいですね。そのためのたくさんの努力をしてきました。

――18歳でデビューして、デビュー戦では2トライをあげましたね。


はい。夢がかなった瞬間でした。国の代表になったわけですから。デビュー戦で2トライは確かに大きかったです。そこからここまでの旅路は長かったですがいろいろなことがありました。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ