サクラセブンズ・黒木理帆選手「五輪では1試合2つのビッグゲインを」 | ラグビージャパン365

サクラセブンズ・黒木理帆選手「五輪では1試合2つのビッグゲインを」

2021/01/24

文●編集部


1月23日(土)、18日(月)~29日(金)にかけて埼玉・熊谷で女子7人制ラグビー日本代表候補選手たちは20名ほどで強化合宿を行っている。その中から、黒木理帆選手(立正大4年/アルカス熊谷)が報道陣に対応した。

――今日の練習の感想


今日は雨の中の練習でしたが、初めから体を当てていて質のいい練習ができました。


――新たに就任したハレ・マキリHC(ヘッドコーチ)の印象


今までと違った視点から指導してもらっている。今までならそこまで意識してなかったことを指導してくれます。(例えば)タックルなら、いいタックル入るためにこういう足の動きをするなど細かいことを言ってくれてわかりやすい。基本的に(英語から日本語に)訳してもらっていて、1対1で指導されることはそんなにないです。

――マキリHCが就任し、12月までの合宿から何か変わったことはありますか?


最近はコンタクトについて言われていて、体を当てるだけでなくて、体を当てるためにこうした方がいいとか、今までならがむしゃらにタックルに行っていたところを、体の使い方、追い方に力を入れていて、1対1でも考えた練習が多いです。

もし良くないところがあったら、終わった後に指導してくれるので、1プレーが終わった後に言っていただけるので、次に向けて修正できるのが私はいいなと思います。練習中は映像(で振り返ること)とかはないです。隣でみんながやっているときに、一言もらったりします。

――マキリHCとなり練習時間とか大きく変わったことはありますか?


今までだったら午前中にラグビーして、午後にトレーニングとウェイトでしたが、それが逆になった。また1週間に2回練習して1日休みが繰り返されていたが、(マキリHCになってから)月火が練習で水曜日休み、木金に練習をやって、土日がリカバリーになりました。

個別のトレーニングは今日は走る系はなかったが、ボールキャリーが課題の選手といっしょに3人で、そこだけを切り取った練習をしました。昨日、1on1(の練習)で、ここが課題と言われて、今日は誰々と一緒に、こういう練習しようかと、練習が終わったらすぐに集まってやるように(と言われてやりました)

――マキリHCとなり、個々のやりとりが増えた?


(マキリ)コーチとも話すようになりましたし、これから1on1ミーティングも今までより頻度も増えて、コミュニケーションが増えると思います。

――マキリHCとなって、何か言われていることは?


世界で戦うために、世界基準の努力をしないといけないと初めから(マキリHCは)言っていて、私たちもそう思っていて 世界を意識した練習をしています。例えば、細かいところですが、コンタクトのところで頭を下げないとか、体をタックルでしっかり当てるところや、最近よく言われるのはトライとるために抜けた後、仲間を探すために減速してしまうので抜けたときに全力で走ること、あとはサポートのコースとか世界で戦うために、そういう練習をしています。

――ラックから2秒でボールを出すなどは引き続きやっている?


はい。


――ヘッドコーチがこのタイミングで変わった


正直、びっくりはしました。チームとしての目標、個人としてこういう選手になりたいというのは変わらない。不安はあったが、これからどういうラグビーになっていくかという楽しみもあったが、聞いたはじめはびっくりしました。

――五輪に向けた代表争いに影響はある?


苦手を克服することも大事ですが、私は強みをもっと伸ばして、誰にも負けない強みで勝負していきたいと思います。


――東京五輪まで半年となりました。


開催されるかわからない状況ですが、私たちはやると信じてやるしかない。メダルを取るために半年しかない中で、できることは練習しかない。目標は変わらず、その目標に向かってやるだけだと思います

――去年と今年の半年前を比べて、どう感じていますか?
私は去年のこの時期は、ケガをして入院していたので、絶対復帰してオリンピックに出てやるという気持ちだった。チームの人と会えずに自分との戦いだった。その時と比べてチームのみんなとラグビーができているので、みんなと一緒に目標に向かってやるのは去年とは違います。


――試合は熊谷でやってからない状況ですが、今後は?


最近、ラグビー自体がゲーム形式は、ケガから復帰した人数が増えて、やっと人数が揃ってゲーム形式が増えてきた。海外選手を想定したキックオフだったり、ハイボールキャッチだったり、常に海外選手を想定してやっています。

――11月の試合後は体力面が課題と言っていました


(向上した)実感はわからないが、チームの練習終わった後、走るメニューとかがあるので、それに向けてトレーニングしています。試合形式の練習をしたら体力がついたなと思います。体力が課題の選手と一緒に走っています。


――現在、大学4年です。卒業後の就職先は? 卒論は? 


埼玉県信用金庫です。スポーツとは全然、関係ないですが、家が漁師ということで、漁師が減少傾向なので、それについて(書きました)。「漁業就業者数の動向」が(題)で、私の(両親が)住んでいる(宮崎県門川町)港で調査すると 10年前と100人くらい減っていて、若者も減っていて、(宮崎)県はどういうことをしているか(といったことを書きました)。

――1ヶ月前に「サクラセブンズウィーク」として動画をアップしていました


総務の香川あかねさんが、女子ラグビー、サクラセブンズの1日をみんなに知ってもらうことと、応援してもらったりサポートしていただいたりしている方に感謝の言葉とともに知ってもらおうと始めました。周りの友達に見たよとか言われました。今回の1回に限らず、ラグビーだけでなく、オフやラグビー以外のことを知ってもらう何かができたらいいなと思います。

ラグビーというコンタクトスポーツで強いイメージをされるかもしれませんが、みんな美容を気にかけていて、そのへんと女性と変わらない、より気を遣っているところもあるので、そういったところも知っていただいて女性なんだなと(思ってほしい)。(私は)今までそういうことを興味なかったが、周りから化粧水や日焼け止めを塗っていないことに注意された。最低限するようになったが、これからは気をつけて(やっていこう)という段階です。(ビューティーリーダーは)堤ほの花です。


――メンバーの中では中堅くらいかと思います。五輪ではどういったプレーをしたいですか?


今までだったら、円陣のトークで、上の先輩たちに頼っていたが、最近は積極的に発言するようにしています。CTBとして、アタックで縦のプレーで、ボールを持って仕掛けることで勝負していきたい。(東京五輪では)1試合で2回、ビッグゲインしたい。


「縦プレー」で世界と戦う・サクラフィフティーンCTB黒木里帆「ここまで来たら戦うしかない」

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ