サクラセブンズ候補・永田花菜「自分らしく勝負して味方にボールをつなぐ」 | ラグビージャパン365

サクラセブンズ候補・永田花菜「自分らしく勝負して味方にボールをつなぐ」

2021/02/23

文●編集部


22日、宮崎合宿中のラグビー7人制女子日本代表紘はの永田花菜選手(日体大)がオンライン取材に応じ、東京五輪への思いを話した。

「堅樹さんのように自分の道を貫く姿に、私も自分のできることを考えて、しっかりやっていきたい」

宮崎合宿初めてですが、いい環境の中で、充実した合宿が送れています。


――試合形式の合宿をしているのでしょうか?


今回の合宿は3チームに分かれてミーティングしたり、ゲームライク、ゲームに近い練習が多い印象です。ゲームがあまりできていなかったので、フルコンタクトでゲームができるので、プレッシャーもかかりますし質の高い練習ができているなと感じます。


――3チームのチーム分けの意図は?


そこについては特にないですが、みんながいつも固定されたチームではなく変わっていくので、個性に対応していく感じです。1週間くらい(で変わっていきます)。密にコミュニケーションが初めてだったりという選手もいたので、味方を生かせるようなプレーができるよう心がけています。

一番右が永田。

一番右が永田。

――状況判断の練習をしているそうですが。


現時点ではプレスキャンみたいなのやっていて、自分的には『状況判断が得意』と思っていたが、やっていくうちにまだまだ改善できる部分があるので、もっと練習していきたい。よく言われるのか、判断しないことが一番悪いことで、判断することによってチャレンジすることが大事。判断しない判断にならないようにチャレンジする姿勢を改善できたらと思います。


――きれいなキックのフォームが印象的ですが、いつ頃、どのように身についたのか?


サッカーをずっとやってきたので、その頃からあの蹴り方で、毎回、同じ蹴り方ができるように、同じルーティーンを心がけています。遠くに飛ばしたらと、しっかりフォロースルーすることを心がけています。

――サッカーはいつまでやっていた?


小、中はサッカーとラグビーを両立していて、土日は試合がある方に行くみたいな感じだった。高校になって福岡高校のラグビー部に所属したので、そこでラグビー一本に決めた。(ラグビー一本にしたのは)部活に入ったのでサッカーができなくなったこともあるんですが、サッカーをやってきてラグビーに生かせるなという部分が大きかった。サッカーが全部なくなるのではなく、ラグビーに向けてサッカーをやっていたと思うようになって、もっともっとラグビーが上手くなりたいと思った。

サッカーではセンターバック、サイドバックをやっていた。ヘディングとかやっていたので、体の強さは大事だった。サッカーは全方位から敵が来るので視野の広さはラグビーにつながっている。


――キックのルーティーンは具体的にどんな感じですか?


まだ開発段階みたいな感じですが、蹴るときにしっかりボールを見て、蹴ったときは真っ直ぐ前に出るようにしています。スタッフの方にビデオを撮ったり、いい形を見つけています。

――高校の先輩である福岡選手が医学部に合格しました。


福岡堅樹さんとは、一緒にオリンピックの舞台に立てたらなと思っていたので、ちょっと残念なところもありましたが、堅樹さんのように自分の道を貫く姿に、私も自分のできることを考えて、しっかりやっていけたらなと思います。 

堅樹さんと高校でお会いしたのは、(高校1年だった。)リオ五輪後に講習会みたいなのでお会いしたが、その前までは花園の試合を見て「勝負強い」とはみんな言っていた。講習会で(福岡さんが)言われていたのは「自分のできることを貫く」というのを言われていて、その言葉が一番印象に残っていて、オリンピックの舞台に向けて、自分が毎日毎日、貫くことにつながっているかなと思っています。

福岡高校だったのでみんなで堅樹さんを応援していました。オリンピックという目標はうっすらあったが、リオ五輪の男子日本代表が活躍しているのを見て、みんなに元気が届けられるようになりたいと、しっかりした目標に変わったと思います

――趣味は


読書です。ラグビーから離れようとするときとか、オフの日に読んでいます。ラグビーに直接生かせることはないですが、表現の仕方などはコミュニケーションを取る上で学べると思っています。


――大学卒業後の将来設計は?


明確には決まっていないが、やっぱり、目の前の目標がオリンピックなので、オリンピックの結果がすべてだと思うので、一日一日ベストを尽くせば将来につながると思います。


――国際試合がなくなっているが、どう補っているのか?


海外との試合がなくなって、国内の合宿で質の高い練習をしてワールドレベルにしようと心がけている。感覚を忘れないようにいつもよりもっと映像を見るようにしました。海外の選手だと体が大きいので、やっぱり、先に判断することが大切だなと思っていて、合宿でも自分の意識でどうにもなることなので意識して取り組んでいます。

――自分の長所や課題は


コンタクトの部分で相手に勝つところはもう少し改善したい。自分の強みはボールを持ってアジリティーで抜いたり、味方を活かすプレーなので、自分を忘れずにやっていけたらなと思います。


――オリンピックではどんなプレーがしたい?


いつも通りのプレーができたらと思って、自分らしく勝負して味方にボールをつなげるみたいなところができたらいいなと思っています。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ