バディヴァカロロ・ライチェル海遥「遊び心を忘れずに伸び伸びと」 | ラグビージャパン365

バディヴァカロロ・ライチェル海遥「遊び心を忘れずに伸び伸びと」

2021/07/14

文●編集部


バディヴァカロロ・ライチェル海遥は、清水麻有とともにサクラセブンズこと、女子セブンズ日本代表のキャプテンを務める。前回のリオ五輪では大会本番4ヶ月前に肩の脱臼で出場することができなかった。その時の悔しい思いも含め、若きサクラセブンズを牽引して勝利のためにすべてをかける。

――共同キャプテンになった経緯とヘッドコーチに期待されていること


はじめに、選んで頂いた時に、二人は信頼して選んだ。チームを引っ張っていってほしいとハレHCから言われました。チームにとっては中堅という立場で若い選手に比べると、冷静な判断ができるので、チームを引っ張っていきたい。



――チームの分担

大きくここはこう、というのはなく、二人でバランスよく、ミーティングを私がやったり、(清水)麻有がやったり、日々やっています。


――清水さんと初めてあったときの印象とどういう存在


中学校の関東ユース、1年生の時に出会いました。その時からポテンシャルがある選手だなと思っていました。こういう共同キャプテンとなれて嬉しいです。ユース時代から、アカデミーに選んでいただいたり、常にまゆの存在はあって、刺激をうけました。

昔はそういう話はなかったですが、ラグビーが正式種目になるとなって、その時まだ、ユースカテゴリーでやっていたので、お互いに鼓舞しながらやってました。

――リオにはどのくらい出たい思いがあったのか。


リオの前までは合宿に招集していただいて、コーチからもしっかりと狙える位置にいると言われていたので、そこを第一に目指していました。リオの4ヶ月前に、もともとやっていた肩の脱臼をやってしまい、ドクターからこれからのことを考えたら手術したほうがいいといわれました。悔しかったですけど、気持ちを切り替えることができ手術を選択しました。


――チャレンジチームとして年代が上のチームとやってきたことが今につながることがありますか。


私達が出たときは、自分たちが楽しむことにやるということにフォーカスしていました。今見てもそう感じます。みんなラグビーが好きで、のびのびやっていたからこそ、お互いの強みがでていたと思います。

日本代表として責任を感じる部分はたしかにありますが、だからといって萎縮するのではなく、ベースには楽しむことは忘れないということがあります。


――2018年のワールドシリーズでやってきたとき


2018年のワールドカップは、初めて出場した大会でした。大会が始まると初戦のフランス戦で緊張して思い通りのプレーができないまま試合が終わってしまったことは今でも忘れられない。そこの部分は試合の入りからフォーカスしてきました。試合を重ねるにあたりそこは改善できたと思います。


当時は、試合経験の豊富な選手が多かったり、浅い選手がいたりバランスのとれたチームだったと思います。今回のチームは若い選手が多い。若い力はチームにとっては大きな力になるので、新しい力はサクラセブンズにプラスの要素を加えてくれると思います。

――「楽しむ」ということについてみんなで言い合っている言葉はあるのですか。


自分たちが自分たちのやりたいラグビーをやっているからこそ楽しみが出ている。円陣だったり、チームミーティングで言ってきたことなので、あまり硬くならず、ラグビーセブンズの遊び心を忘れないでいようと思っています。

――ハレHCに変わってから、こういうラグビーを目指したい、引き出してもらえている部分はありますか。


ハレさんに変わってから、大きく変わったことはなくて今までやってきたことにプラスしてハレさんのラグビーをやっている。チームの「ウィン・ザ・コリジョン」といっています。どんな時も練習前、試合前にもいっています。大事な部分になってくると思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ