大黒田裕芽、黒木理帆、ライチェル3選手コメント―大きなプレッシャーの中で結果を残すこと | ラグビージャパン365

大黒田裕芽、黒木理帆、ライチェル3選手コメント―大きなプレッシャーの中で結果を残すこと

2021/05/04

文●編集部


5月1日、2日に行われた太陽生命ウィメンズセブンズ2021・東京大会を制したのは、サクラセブンズ候補選手を中心に構成されたチャレンジチーム。「勝つことが当たり前」と思われる、厳しいプレッシャーの中で、しっかりと結果を残した。オリンピックの最終スコッドに残るためのセレクションも兼ねており、チームの勝利と個人としてのパフォーマンスのバランスを取らなければならなかった。試合後、今大会MVPに輝いた、大黒田裕芽選手を始め、バティヴァカロロライチェル海遥、黒木理帆の3選手が取材に応じた。

「自分のやらないといけないところに戻れた」黒木理帆の

――今大会の課題と収穫


自分たちのやりたいラグビーをやりあって、初めての対戦相手で、やりたいラグビーをして、どういうラグビーをするか明確になってよかったと思います。小さいミスで日頃、どれだけ一緒に練習していても、相手に取られてトライ取られることもあって、そういうミスにもっと厳しくしていかないといけない。


――ドバイには行けなかった


ドバイ前は考えてしまって、自分の強みを出せず、考えてしまった。国内に残った合宿では自分の強みで勝負するぞというメンタルというか、モチベーションを上げて、この大会でも自分の強みで勝負することだけに集中して、勝負することがたくさんあった。ドバイのメンバーは外れたが、自分のやらないといけないところに戻れた。(アングルチェンジのランは自分の持ち味を出せた?)はい!

――東京セレクションに向けて


ジャパンがするべきラグビーをしながら、それでもしっかりと自分の強みを出してトライに結びつくビッグゲインだったり、チャンスを作れたりするような選手になりたい。大会に出られたのはプラスになったし、ドバイに行っていたメンバーが帰ってきて、自分を生かせてくれる、自分が活きる感覚が戻った感じがして楽しい大会でした。


――どういうことを考えすぎていた?


ヘッドコーチが変わって、やるラグビーがちょっと変わったところで、今まで自分が行くだけでしたが、自分が行くところと外に回すところの判断をしながらラグビーをするのが難しくなって、考えてしまって、自信をなくしてしまってよくない時期もありました。ドバイに行ったメンバーの映像を見て、これをしながらどうやったら自分のプレーが活きるか、イメージもたくさんして、見て学ぶことがたくさんできました。


――緊張感は高まっている?


今はまだそんなにみんなで頑張っていこうという感じですが、これからもっとポジション争いだったりが激しくなっていくので、あまりチームとして出してはないかもしれないが、個人としてはふつふつなっていると感じています。結構、なっています。内側で燃えるタイプなので(苦笑)。


――誕生日でした。お祝いをしてもらった?


一緒に(集合写真のときに)猫のポーズをしてもらいました。今日だけ、私のいうことを聞いてくれるということで、(猫のポーズを)お願いしました。(実家で)1匹、猫を飼っています。耳で(猫を表現しました)。両親が漁師で、港の小屋に名前を付けた猫がいっぱいいます。


「自分の持ち味であるアジリティーの部分ができた」バティヴァカロロライチェル海遥

――ランが目立ちました


自分自身の強みであるアジリティーをいかした突破力は強みでもあるので、今日はそこが活きてチームにいい形でボールが渡ったと思います

――フィジカルアップした?


公式戦の復帰戦として、リハビリ期間長かったので、フィジカルの強化をしていたので、いい成果も課題もあったので、残された時間、いい準備をしていきたい。去年の11月末の熊谷の試合でケガ(右足首)をして、今回、復帰できた。(リハビリ期間中は)海外の選手にあたり負けないように上半身と、足の強化をした。

――ドバイには行けませんでした


巻き返しということはあまり気にせずに、自分のやるべきことに集中して、ドバイの映像を見て、自分が活きること、チームに必要なことをチョイスして、太陽生命が大きなポイントだったので準備していた。


――2日間何試合もした手応えは?


試合自体が久しぶりだったし、やったことがない選手と試合して、反応の部分やタックルの間合いが、いつもやっている選手と違う感覚だったので改善していきたい。自分の持ち味であるアジリティーの部分はできたかなと思います。



――東京五輪のセレクションで大事になってくることは?


一つ一つのプレーをきっちり丁寧にやることと、自分の強みをしっかり出して、チームにとって何が大切か、毎回の練習もそうですし、試合でも考えながらやっていきたい。


「違ったチームとの戦いでこれまでの練習がリアルになった」大黒田裕芽

――MVPでした


私自身、太陽生命に出るのは3大会ぶりでした。今回、チャレンジチームとしてサクラセブンズのみんなと一緒に出ましたが、単純に楽しみにしていたのでワクワクしていた。いろんなプレッシャーも少しは感じていましたが、楽しもうと臨みました。太陽生命に来るといろんな知り合いが出ているので、すごく楽しいです。

1日目は自分から仕掛けたところの結末が良くなかったので、今日の3試合はそこを修正しないといけないなと思っていた。1日目より2日目の方が良かったかなと思います。



――プレッシャーとは?


これから東京五輪あるので選手選考だったり、(サクラセブンズは)いろんなチームから集まって来ているが、国内のチームに負けちゃいけないというプレッシャーがあった。


――成果と課題は?


今まで自分たち同士でしかやっていなかったが、ドバイも含めて違うチームとディフェンスやアタックさせてもらったのでリアルになった。


――ドバイに行ったメンバーとしてどんなプレーをしようとしていた


自分はゲームメイクと投げるときと自分で勝負するときを明確にして、よりミスを少なくということを意識していました。(ハレさんに言われた?)同じことを考えているだろうなと。(2日目は)最高とはいえませんが1日目より良かった。


――状態は?


コンディションはいい。ここ数年で、今年に入ってから上がってきている。一番は練習をし続けることができている。ケガがなく練習できているのが要因です。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ