日体大が決勝進出!強みのディフェンスで零封。CTB人羅美帆キャプテン・SO大内田夏月に訊く | ラグビージャパン365

日体大が決勝進出!強みのディフェンスで零封。CTB人羅美帆キャプテン・SO大内田夏月に訊く

2023/01/23

文●編集部


1月22日、三重交通グラウンド・スポーツの杜・鈴鹿では第9回全国女子ラグビー選手権準決勝の2試合が行われ、2月5日に小田原市城山陸上競技場で行われる決勝戦進出をかけて熱い戦いが繰り広げられた。第1試合は、日本体育大学女子ラグビー部(関東大会1位・以下、日体大)と九州・ながと合同チーム(関西大会2位・以下、九州・ながと)が対戦した。

日体大はWTB梅津悠月のトライで先制し流れをつかむと、29分、PR小牧日菜多のトライでリードを広げると前半終了間際にもPR峰愛美のトライで19-0とリードして前半を折り返した。

先制トライを決めた梅津悠月

先制トライを決めた梅津悠月


前半だけで2トライを決めたPR小牧日菜多

2トライを決めたPR小牧日菜多



後半、日体大はゴール前に攻め込むも自分たちのミス、ハンドリングエラーで取り切れない時間帯が続くが17分、PR小牧日菜多が2本目のトライをあげ26-0と大きくリード。

ゴールをけるFB新野由里菜

ゴールをけるFB新野由里菜


苦しい展開が続いた九州ながと・藤崎春奈キャプテン

苦しい展開が続いた九州ながと・藤崎春奈キャプテン



九州ながとは何度か敵陣ゴール前までボールを運ぶも、日体大のディフェンスが崩せず後半も残り5分をきると、38分、日体大CTB人羅美帆のキックパスをキャッチしたWTB堤ほの花がダメ押しのトライ。結局33-0で日体大が勝利し決勝進出を果たした。日体大は連覇をした第4回、第5回以来のタイトル獲得を狙う。

ゴールラインを背にディフェンスする日体大

ゴールラインを背にディフェンスする日体大



後半38分人羅のキックパスを.

後半38分人羅のキックパスを.



WTB堤ほの花がキャッチ

WTB堤ほの花がキャッチ



日本体育大学 CTB人羅美帆キャプテン



「今日はディフェンスのところに特にフォーカスして取り組みました。そこのところは大分堅く守れたと思います。ただアタックのところで自分たちで慌ててミスが続いたり、取り切れる場面でやっぱり取り切れなかったので、決勝に向けてそこをしっかり修正したい」

FL持田音帆莉とCTB畑田桜子がダブルタックル.

FL持田音帆莉とCTB畑田桜子がダブルタックル.

――前半に比べて後半取り切れなかったのは


「九州のディフェンスのプレッシャーも大分かかっていましたし、ディフェンスのプレッシャーが強いところで自分たちもアタックを重ねてしまって、ハンドリングエラーも結構多くなってしまいました。そこにもうちょっと早めに気づいて、そこじゃないところでプレーができれば、うまくトライにつながったのかなと思います」


――ディフェンスについて。今日は相手を0点に封じ込めました


「今回だけではなく、15人制のシーズンが始まってからコリジョンのところで圧倒するというのが今年のチームで一番フォーカスしていたところだったので、コンタクトの練習を大分やりました」


――この大会ではなかなか相手チームを分析したりするのは難しいと思いますが、実際に前半戦ってみて、ハーフタイムでディフェンスに関して調整したり、話したことはありますか。


「 コリジョンの部分で圧倒できていることはチームとしても上がっていたので、そこは自信をもって自分たちで前に出続けようと話していました」

弘津悠に対して人羅美帆がタックル

弘津悠に対して人羅美帆がタックル


――後半いいキックパスからトライがありました。ああいったコンビネーションは日頃の練習からやっているものですか。


「 常に相手の空いているスペースをみたり、どこにボールを供給するか、スペースに運ぶかというのはチームとしてもそうですし、特にバックは全員が思っているので、お互いに理解した上でのプレーかなと思います」


松田凛日

松田凛日



――サクラフィフティーンのメンバーがチームに戻ってきてプラスになっている部分はありますか。


「代表に行った選手たちから、代表と日体でどれだけフィジカルレベルが違うのか、というのはフィードバックしてもらって、今年はその差を埋めるというところを、代表メンバーがいない期間も残っているメンバーでしっかり取り組んできました。


向來桜子

向來桜子



(代表メンバーが)帰ってきてからも、これだけ(体を)当てないといけないというのは見せてくれて、そのレベルに追いつかないといけないと思ってやっているのですごくプラスになっています」



――決勝まであと2週間。今のチームとしても最後の試合になりますが、どういう部分を上げていきたい?


「 関東大会からも通じて、試合に勝ってはいるんですけど、ハンドリングエラーだったり、ペナルティーのところが相手より多くなってしまっているところがあるので、いかに自分たちがやってきたことを精度高く丁寧に、規律を保ってできるかというところをあと2週間徹底したいです」


日本体育大学 SO大内田夏月

SO大内田夏月

SO大内田夏月



「チームとしてはキックで勝って敵陣にいくことを目指していました。前半とかは結構敵陣にしっかり入れました」


――司令塔として試合の中で意識していることはありますか。


「 相手を見てどこが空いているのかとか、SHとしっかりコミュニケーションを取ることと、コミュニケーション取るだけでなく、明確に伝えることを意識してプレーしました」

――決勝に向けてどんな部分を上げていきたいか。


「まだどちらのチームかわからないですけど、フェニ(東京山九フェニックス)にはこの前負けちゃったんで、もし決勝に来たらディフェンスで前に出てくると思うので、ディフェンスで詰める部分の対策をしっかりすることと、ハンドリングエラーをなくすこと。キックもこの前の試合ではうまくいかなかったのでそこでも前回の試合を上回れるように頑張ります」

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ