「2年あれば、落とし込みできる」堀江翔太3度目のワールドカップへ挑む | Rugby Japan 365

「2年あれば、落とし込みできる」堀江翔太3度目のワールドカップへ挑む

2017/10/16

文●編集部


10月15日から17日まで、日本代表候補選手が秋のテストマッチに向けた強化合宿を行っている。2日目のグラウンド練習を終え、HO堀江翔太(パナソニック)が取材に応えた。

カメラを頭につけて練習「SH(田中史朗)は、デカすぎて前が見えなかったみたいです」

――カメラを頭につけて練習した感想は?


全然わからないです。まだ映像見ていませんし。テストなんですかね? けど、ボール持っていないときどこ見ているかとかが明らかになるのでわかりやすいのではないですかね。


――プレーの邪魔になる?


僕はそんなにならなかった。SH(田中)はデカすぎて前が見えなかったみたいです。コーチが今後、その映像を見て、使うかどうかどうかだと思います。

――午前中のミーティングがありました。


チームを一つに作るためには選手主体になって考えていこうと。また夜やるんじゃないですかね。


――アタックでは2番、8番の動きを変えたが。


しんどいところ、楽なところ出てくると思う。SHとタイミング合わせないといけない。質の高いことやらないと。今後、練習で合わせながらいいとこ悪いとこ探して修正していかないといけない。この前のキャンプ来てなかったので、今日初めてやりました。あの(走る)ラインはちょこちょこ(自分でも)やっていたラインなので、あれをやった方がボールもらう他の選手も楽になるかもしれない。

――アタックで立ち位置を変えた手応えは?


僕は結構いいし、今までどこもやっていないところが好きな感じ。あとはSHの判断しだいです。(これをやることで)他のもらうところの選手も余裕を持ってもらうことができるんじゃないですかね。結構、体力いるのでフィットネスやっていかないと。(選手の)判断でどんどん、いろんなもの作っていかないと。

――秋のシーズンに向けて


常に勝って結果残すこと目指しているので、2019年W杯に向けて目の前のシーズン、世界選抜の試合をよくするようにしたい。選手は世界選抜も勝つつもりでいます。

――相手に五郎丸選手がいます。


世界選抜なので、いいチームだと思う。新しいシェイプ、戦術、戦略を理解してやりたい。

――トップリーグ中に行うミニキャンプの意義は?


戦略、戦術が変わるならやった方がいいし、トップリーグのこと考えてやってくれていると思います。ただサントリーとの試合の週ですが、パナソニックは練習は1日しかできない。サントリーは(3日目の代表の練習が)終わっても練習できる。僕らは(今回の合宿に)10数人いますが、サントリーは3人しかいないので「どないやねん」といってもしょうがないので、頑張ります!


 

世界選抜の監督は、ロビー・ディーンズ(パナソニックHC)「いろいろとキツイことをやってくるでしょうね」

世界選抜について「楽しみ。」を話していたロビー・ディーンズHCを

世界選抜について「楽しみ。」を話していたロビー・ディーンズHCを

――パナソニックのロビー・ディーンズ監督が世界選抜の指揮官です。

いろいろやってくるんじゃないですか? きついこともやってくると思います。変わったサインもやってくると思うので対応したい。

――リーダー陣は変わるのか?

変わると思います。若い選手を中心で動いた方がいいと思う。僕はそれでラグビーを辞めるわけではないので(キャプテンじゃなくなっても)気にしないです。周りがやりやすいと思います。パナソニックで(キャプテンを若手に任すことを)経験して余計にそう思います。(共同キャプテンも)変わると思いますし、外れても協力することは変わらない。


――W杯キャンペーンは3度目になります。2年前の今の手応えは?


わからないですね。もちろん2015年ときも、最後まで手応え感じなかったですが、結果が良かった。それまで手応え感じなかった。結果論なので、最後までわからない。(2年あれば落とし込みは)できると思います。戦略、戦術に対応できるのが日本人ですし、相手によって変わっていくかもしれないですし、僕たちの形になるかもしれない。2019年までわからない。

――最後のW杯に?


34歳でしょ、さすがに(次は)きついでしょ! 現役は続けたいと思っています。2019年が終わってやっぱ辞めますというかもしれないし、40歳までやりたいですが、結構な首のケガしている。40歳までやれるのが奇跡くらいです。(まだ)あまり深く考えてはいない。(2019年は日本で行われる大会ですし)最後になるという思いでやりたい。


――11月4日にはワラビーズ(オーストラリア代表)と対戦します。


(僕にとっては)初めての対戦ですし、何人か知っている選手もいるので楽しみは楽しみですね。HOの選手(タタフ・ポロタナウ)は親日家で、日本が好きみたいで、日本語しゃべっていました。日本、来たいみたいですよ!

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ