「國栃の栃木県ラグビーの歴史が変わった」國學院栃木が初の4強入り | ラグビージャパン365

「國栃の栃木県ラグビーの歴史が変わった」國學院栃木が初の4強入り

2022/01/03

文●編集部


3日、花園ラグビー場では、第101回全国高校ラグビー大会準々決勝、長崎北陽台高校と國學院栃木高校が対戦。

後半25分、國栃WTB武藤倖吉のトライで再び10点差に突き放す

後半25分、國栃WTB武藤倖吉のトライで再び10点差に突き放す

国学院栃木は勝利すれば初のベスト4、長崎北陽台は87回大会以来14季ぶり3度目の4強進出となる一戦。
前半はほとんどの時間帯を国栃が敵陣で攻撃をするが北陽台のディフェンスも崩れず、国栃がCTB田中の1PGによる3-0で前半を終了。


後半、最初にスコアしたのは國栃。SO伊藤のトライで10-0とすると、北陽台も後半10分、LO白丸のトライで7-10と食らいつく。3点差のまま後半も残り5分、國栃がWTB武藤のトライで勝利を大きく引き寄せる。北陽台は攻撃の時間帯をなかなか作ることができず苦しい展開もボールを持てば、SH川久保、SO大町の強力なハーフ団を中心に攻撃をしかけるもそのまま試合終了。國學院栃木が17-7で勝利し、栃木県勢としても初の4強入りを果たした。試合後に吉岡肇監督が喜びを語った。


SCOREBOARD

第101回全国高校ラグビー準々決勝

  • TRY(1)
  • G(1)
  • PG(0)
  •  
  • PENALTY
  • PK(8)
  • FK(0)
  • TRY(2)
  • G(2)
  • PG(1)
  •  
  • PENALTY
  • PK(9)
  • FK(0)

  • MEMBER_長崎北陽台

    ディフェンスで奮闘する長崎北陽台。もう少し攻撃の時間がほしかった

    ディフェンスで奮闘する長崎北陽台。もう少し攻撃の時間がほしかった

  • 1 山崎陸
  • 2 楳原大志
  • 3 工藤晋也
  • 4 亀井秋穂
  • 5 白丸智乃祐
  • 6 末吉晃樹
  • 7 山田壮 後半9分 OUT → IN 20 久保太進
  • 8 勝矢紘史
  • 9 川久保瑛斗
  • 10 大町佳生
  • 11 馬場飛来
  • 12 本山泰士
  • 13 中島拳志朗
  • 14 亀川友哉
  • 15 山下暁大
  • 16 橋本侑青
  • 17 坂本端伍
  • 18 末次晴登
  • 19 相川義学
  • 20 久保太進
  • 21 木村豪輝
  • 22 今崎仁
  • 23 中村龍之介
  • 24 田崎温人
  • 25 川口寛太
  • MEMBER_國學院栃木

    栃木県勢初のベスト4進出を決めた國學院栃木フィフティーン

    栃木県勢初のベスト4進出を決めた國學院栃木フィフティーン

  • 1 木村陽太 後半9分 OUT → IN 16 尾花大智
  • 2 吉田温広
  • 3 齋藤健太 後半6分 OUT → IN 20 長谷川太一
  • 4 岡部義大
  • 5 山口幸之助
  • 6 山科亮
  • 7 山田壮 後半14分 OUT → IN 17 尾池政人
  • 8 小野田輝平 後半26分 OUT → IN 22 北村優
  • 9 島崎聖弥 後半14分 OUT → IN 21 飯野和音
  • 10 伊藤龍之介
  • 11 伊藤大暉
  • 12 田中大誠
  • 13 千葉央貴
  • 14 武藤倖吉
  • 15 青柳潤之介
  • 16 尾花大智
  • 17 尾池政人
  • 18 佐藤蒼
  • 19 今村琉慈
  • 20 長谷川太一
  • 21 飯野和音
  • 22 北村優
  • 23 上羽健
  • 24 久保太志郎
  • 25 大友倖介
  • TIMELINE

    FB青柳がパスダミーで相手を引きつけて武藤に絶妙なタイミングでラストパス

    FB青柳がパスダミーで相手を引きつけて武藤に絶妙なタイミングでラストパス

  • 前半21分 國學院栃木 12.田中大誠 PG 0 - 3
  • 後半8分 國學院栃木 10.伊藤龍之介 T 0 - 8
  • 後半8分 國學院栃木 12.田中大誠 G 0 - 10
  • 後半15分 長崎北陽台 5.白丸智乃祐 T 5 - 10
  • 後半15分 長崎北陽台 10.大町佳生 G 7 - 10
  • 後半25分 國學院栃木 14.武藤倖吉 T 7 - 15
  • 後半25分 國學院栃木 12.田中大誠 G 7 - 17
  • COMMENT

    勝利を決めコーチ陣と握手する吉岡監督

    勝利を決めコーチ陣と握手する吉岡監督

    國學院栃木 吉岡肇監督

    嬉しいですね。34年やってきましたけど最高の日です。國學院栃木のみならず、栃木県のラグビーが変わった日です。朝から「今日は歴史を変える日」だと言ってきましたが、本当に実現してよかったです。

    まだ終わっていませんが、キャプテン白石がベンチで声を出し続けてくれました。2年のときに花園出ていないので、やっとレギュラー、メンバーの満場一致で決まったキャプテンが(脳震とうのため)10分で終わってしまったんです。その無念をみんなが背負って戦って逆にそれが、チームが(準決勝の)抽選にキャプテンを立たせる、そういうエネルギーになっていると思います。

    試合はきつかったですね。前半は嫌なムードでした。一方的にうちが攻めているんですけど(長崎)北陽台さんの「堅守速攻」が知っていますから、攻めていてターンオーバーされたときはゾッとしました。よく足を気持ちで運んでました。北陽台さんには、一発で決めることができる選手が多くいますから。指一本で止めていたところもあったんじゃないですかね。よく頑張ってくれました。前半苦しかったですが、3点とってリードしていたのはよかった0-0よりも。もしかしたら、3-0で終わってもおかしくないような展開でしたから。

    ディフェンスは安心して見れた時間帯とこれはやばいという時間帯がありました。余らされていないし、やっぱり後半バテてしまうので、今日も交代選手はフレッシュなところで(スターティングメンバーが)疲れているところを手助けしてくれました。

    (ベスト4)まだ実感はありません。抽選をやっているころに感じるかもしれません。ようやくここまで来たという感じです。

    (要因は)ベテランのコーチ、フレッシュなコーチが交えて指導しています。今日の組織ディフェンスについては、航太郎コーチに。練習についてはコーチに任していることが、選手、コーチ、が噛み合って、河村裕平FWコーチも含めこの体制になって2年目ですが、一新してうまく噛み合ってきていて、戦術・戦略が浸透してきたと思います。

    (選手たちは)大成長ですね。昨年も一昨年も高校ジャパン候補がいたんですけど、今年はいないんです。みんなずば抜けていないけど一丸となって戦ってくれるので「今年の國栃らしい」タレントではなくて。キャプテンのけがはチームが一丸になるために拍車をかける要因なのかもしれません。

    國栃の栃木県ラグビーの歴史を変えた選手たちを称える吉岡監督

    國栃の栃木県ラグビーの歴史を変えた選手たちを称える吉岡監督

    (ハーフタイムはどんな声をかけた?)うちも苦しいけど、ディフェンス一本の北陽台も苦しいはず。お互いに苦しいんだから頑張ろうということと、60分、苦しいのを我慢すれば歴史が変わる。あと30分、半分になったんだから頑張ろう。簡単にトライは取れない、3点、6点、9点、積み重ねていこうとゲームキャプテンの田中にはいいました。

    (チームが変わってきたなと感じること)ベスト8を果たしたことについて満足度がなかったということですかね。ここ最近は1トライ差で負けていました。残念だった、やっぱりだめか・・・という感じだったんです。移動のバスの中でも感じました。「今日で終わり」というそういう雰囲気が全く思わせなかった。私よりも選手たちが落ち着いていましたね。

    GALLARY

    北陽台SH川久保瑛斗が突破するも

    北陽台SH川久保瑛斗が突破するも

     

    國栃FB青柳潤之介がジャッカルしピンチを凌いだ

    國栃FB青柳潤之介がジャッカルしピンチを凌いだ

     

    後半8分伊藤龍之介のトライで國栃が後半最初にスコアし10-0とする

    後半8分伊藤龍之介のトライで國栃が後半最初にスコアし10-0とする

     

     

    後半15分、トライを挙げる長崎北陽台LO白丸

    後半15分、トライを挙げる長崎北陽台LO白丸

     

    LO白丸智乃祐がトライ後、雄叫び!

    LO白丸智乃祐がトライ後、雄叫び!

     

    7-10と3点差にされた國栃は、後半25分WTB武藤のトライで勝利を引き寄せた

    7-10と3点差にされた國栃は、後半25分WTB武藤のトライで勝利を引き寄せた

     

    トライを挙げるなどチームを引っ張った國學院栃木SO伊藤龍之介

    トライを挙げるなどチームを引っ張った國學院栃木SO伊藤龍之介

     

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ