強い帝京大が帰ってきた―HO江良楓の証言 | ラグビージャパン365

強い帝京大が帰ってきた―HO江良楓の証言

2022/01/10

文●編集部


スクラムで明治からペナルティーを獲得し雄叫びをあげる細木キャプテンの横には、HO江良楓がいた。一番近くで細木とスクラムを組み、そして1年生から出場している経験、昨年負けた悔しさをこの1年どう自分たちの成長につなげたのだろうか。

――優勝して今の気持ちhあ


今まで1年間やってきたことを出せた試合だし嬉しい気持ちでいっぱいです。


――ディフェンス(DF)が良かった


監督から前日にラグビーはディフェンス(DF)と言われたので、DFを仲間のために体を張ろうと80分できたことが良かった。


――石田へのタックル


相手がモールフェイクで出てくるだろうとわかっていたので、横とコミュニケーションとれて、とれていなかったが石田選手いかれていたが、横とコミュニケーションしてSHをみてもらっていて石田選手にタックルできた。コミュニケーションしていたからこそのタックルだった。仲間のために出ている側は80分、体を張り続ける。出られへん選手のために絶対勝つということを意識していたので前面に出た。


――細木キャプテンの言葉


奥井がトライをした後、もう1回、フワッと浮いていたところがあったが、もう1回、相手の首を絞めにいこうという形で言ってもらって、全員が引き締まって最後まで戦えた。


――細木キャプテンの存在


この1年間を通して頼もしい存在でしたし、何かしてくれる選手だし、私生活から仲良くさせてもらった。


――スクラムについて


僕らのスクラムもやったら絶対押せるという感覚が前半からあったが、前半は明治大さんにいいスクラムを組ませてしまった部分もあった。フロントローが自分たちのスクラムをしたら押せるというところがあったので、僕がディテールの部分でまとめて8人で押した。帝京の一番強いスクラムを組める感覚や強みのスクラムの形を出そうとまとめました。

(相手が近づいてきた?)近くというよりかはしっかりギャップを取って、正当に組む中で、僕たちの間隔をフロントローが理解していたのでその間隔を取ろうとしていた。とってきたというより、いつもより下がっているかな。

間合いを詰めたというのころもあった。スロットの部分で僕らに寄せてきたところもあった。そこはレフリーさんとコミュケーションを取ってスロットをあけさせてもらいました。


――岩出監督が勇退します


お世話になって悲しい部分があるが、10回優勝を成し遂げて、すごい人と誰もがわかっているので悲しい気持ちがあります。

江良、NO8奥井らと同期のSH李(大阪朝鮮)も今シーズンチームの主軸となった。

江良、NO8奥井らと同期のSH李(大阪朝鮮)も今シーズンチームの主軸となった。

――日本一になった選手も花園にいったことがない選手もいます


そこまで考えていなくて、僕らが日本一になっても高校、ここも全然違うので、高校で日本一をとった選手もチャレンジャーでやれた。


――いい場面でジャッカルも決めた


相手があがっているのが見えて、先に落として、左側に流れているのがわかっていたので、右側におとしてジャッカルはそのときの判断でやりました。


――昨季と今季の違いは?


去年は個人の能力があって、いい選手がいて、僕もいい選手に頼り切っている部分があって、個人で破ってくれるだろうという感覚がありました。今季はいい選手がいたが自分たちの形を80分やり続けようと、シェイプの形や攻め方だったり、1年間やってきて、バラバラではなくまとまったアタックができたところが良くなった。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ