慶應が京産大に快勝し準々決勝進出・アタック、ディフェンスでの精度で上回った | ラグビージャパン365

慶應が京産大に快勝し準々決勝進出・アタック、ディフェンスでの精度で上回った

2020/12/17

文●編集部


12月13日、花園ラグビー場では第57回全国大学ラグビー選手権3回戦、慶應義塾大学(関東大学対抗戦3位)と京都産業大学(関西大学リーグA3位)の一戦が行われ、慶應義塾大が7トライ、47−14で快勝し、準々決勝進出を決めた。

敵陣に入ってからの決定力の違いが試合結果に現れた。この試合では慶應が敵陣22m付近に入ると確実にスコアにつなげリードを広げた。対する京産大は我慢比べのところで、トライを取り切ることができなかった。

印象的な場面は、後半26分、慶應は相手ボールスクラムでプレッシャーをかけターンオーバーすると、直後のラインアウトからこれまでFW中心でアタックをしていたが、今回はBKへ展開。CTB三木亮弥(4年)がトライ。40-14と勝利を近づけた。直後京産大も敵陣22mまで攻め込むも、慶應の低いタックルで前進を阻まれ、最終的にはスコアにつながらなかった。試合終了間際も同様に相手スクラムを押し返し、マイボールをすると、SO中楠一期(2年)がトライ。勝負を決めた。

勝利した慶應は準々決勝進出。19日、秩父宮で早稲田と対戦する。対抗戦ではゴール前の攻防でスコアしきれず敗れた慶應。帝京大戦、そして京産大戦とその課題を修正し、決定力アップさせている印象があるだけに、連覇を狙う早稲田に対してどんな試合を繰り広げるが注目だ。

GALLARY

CTB三木亮弥、注目の一つだった兄弟対決。後半には勝利を決定づける貴重なトライをあげた

CTB三木亮弥、注目の一つだった兄弟対決。後半には勝利を決定づける貴重なトライをあげた

 

1年生NO8福澤、決して恵まれた体格ではないが、縦への突破力は京産大ディフェンスに対しても有効だった

1年生NO8福澤、決して恵まれた体格ではないが、縦への突破力は京産大ディフェンスに対しても有効だった

 

FB山田響はこの日コンバージョンキックは6/7。

FB山田響はこの日コンバージョンキックは6/7。

 

慶應が1トライ目に見せたFWへのこだわりを京産大も。前半19分、FWにこだわりNo8タモエフォラウがゴール左にトライ。

慶應が1トライ目に見せたFWへのこだわりを京産大も。前半19分、FWにこだわりNo8タモエフォラウがゴール左にトライ。

 

この試合でもキャプテン相部とともにハードワークし続けたLO北村

この試合でもキャプテン相部とともにハードワークし続けたLO北村

 

前半21分、FL山本が京産大ディフェンスのスペースを走り抜けトライ。京産大に行きかけた流れをもう一度自分たちに引き寄せた

前半21分、FL山本が京産大ディフェンスのスペースを走り抜けトライ。京産大に行きかけた流れをもう一度自分たちに引き寄せた

 

 

 

12番で先発したエノサ。後半13分、相手のパスが乱れたところボールをキャッチし、貴重な中押し点を決めた。

12番で先発したエノサ。後半13分、相手のパスが乱れたところボールをキャッチし、貴重な中押し点を決めた。

 

両校ともに鍛え上げられたラインアウト。100%の成功率だった。

両校ともに鍛え上げられたラインアウト。100%の成功率だった。

 

 

強固なディフェンスで京産大は勢いを止められてしまった

強固なディフェンスで京産大は勢いを止められてしまった

 

限られたスペースでも前進する、京産大キャプテンLO田中

限られたスペースでも前進する、京産大キャプテンLO田中

 

ゴールに迫るLOラウシ

ゴールに迫るLOラウシ

 

最上級生となったCTBニコラス。慶應ディフェンスの前に中々スペースを見つけることができなかった

最上級生となったCTBニコラス。慶應ディフェンスの前に中々スペースを見つけることができなかった

 

突破をはかるHO梅基。

突破をはかるHO梅基。

 

後半ボールポゼッションあった京産大、SO家村が裏スペースへグラバーキック

後半ボールポゼッションあった京産大、SO家村が裏スペースへグラバーキック

 

後半残り少ない時間でFL城間がゲイン

後半残り少ない時間でFL城間がゲイン

 

城間が前方へキックするも、スコアにつながらずそのままノーサイド。

城間が前方へキックするも、スコアにつながらずそのままノーサイド。

 

SCOREBOARD

大学選手権 2020.12.13 秩父宮ラグビー場 11:30

  • TRY(7)
  • G(6)
  • PG(0)
  •  
  • 前半4分 T 1. 竹内寛
  • 前半5分 G 15. 山田響
  • 前半21分 T 7. 山本凱
  • 前半22分 G 15. 山田響
  • 前半27分 T 3. 大山祥平
  • 前半28分 G 15. 山田響
  • 前半42分 T 2. 原田衛
  • 前半43分 G 15. 山田響
  • 後半13分 T 12. イサコ・エノサ
  • 後半14分 G 15. 山田響
  • 後半26分 T 13. 三木亮弥
  • 後半27分 Gx 15. 山田響
  • 後半38分 T 10. 中楠一期
  • 後半39分 G 15. 山田響
  •  
  • PENALTY
  • PK(9)
  • FK(1)
  • TRY(2)
  • G(2)
  • PG(0)
  •  
  • 前半19分 T 8. ヴェア・タモエフォラウ
  • 前半20分 G 13. 城川斗武
  • 後半7分 T 9. 廣田瞬
  • 後半9分 G 13. 城川斗武
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • PENALTY
  • PK(7)
  • FK(0)
  • MEMBER_慶應義塾大学

  • 1 竹内寛(4年)後半14分 OUT → IN 17松岡勇樹
  • 2 原田衛(3年)後半34分 OUT → IN 16田中慶伸
  • 3 大山祥平(4年)後半34分 OUT → IN 18岡広将
  • 4 相部開哉(4年)
  • 5 北村裕輝(4年)後半35分 OUT → IN 19村松龍之介
  • 6 今野勇久(2年)後半31分 OUT → IN 20髙武俊輔
  • 7 山本凱(3年)
  • 8 福澤慎太郎(1年)
  • 9 上村龍舞(4年)後半31分 OUT → IN 21安藤快
  • 10 中楠一期(2年)
  • 11 佐々木隼(2年)後半19分 OUT → IN 22鬼木崇
  • 12 イサコ・エノサ(2年)
  • 13 三木亮弥(4年)
  • 14 沖洸成(4年)後半35分 OUT → IN 23小谷田尚紀
  • 15 山田響(1年)
  • 16 田中慶伸(3年)
  • 17 松岡勇樹(2年)
  • 18 岡広将(1年)
  • 19 村松龍之介(3年)
  • 20 髙武俊輔(2年)
  • 21 安藤快(4年)
  • 22 鬼木崇(2年)
  • 23 小谷田尚紀(4年)
  • MEMBER_京都産業大学

  • 1 野村三四郎(2年)後半39分 OUT → IN 17大橋亮太
  • 2 梅基天翔(3年)後半39分 OUT → IN 16内山二千斗
  • 3 平野叶翔(3年)後半34分 OUT → IN 18中川亮
  • 4 田中利輝(4年)
  • 5 アサエリ・ラウシ(2年)後半27分 OUT → IN 19樋口誠也
  • 6 三木皓正(1年)
  • 7 城間賢(4年)
  • 8 ヴェア・タモエフォラウ(1年)後半35分 OUT → IN 20檜垣大宇
  • 9 廣田瞬(3年)後半31分 OUT → IN 21馬見塚平
  • 10 家村健太(2年)
  • 11 吉松玲於(4年)
  • 12 ニコラス・ホフア(4年)
  • 13 城川斗武(4年)後半27分 OUT → IN 22テビタ・ポレオ
  • 14 笹岡海斗(3年)後半23分 OUT → IN 23堀田礼恩
  • 15 北山絢大(2年)
  • 16 内山二千斗(2年)
  • 17 大橋亮太(4年)
  • 18 中川亮(2年)
  • 19 樋口誠也(4年)
  • 20 檜垣大宇(3年)
  • 21 馬見塚平(3年)
  • 22 テビタ・ポレオ(1年)
  • 23 堀田礼恩(3年)
  • 記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ