明治が連覇に向け一歩前進。関西学院に勝利し準決勝進出 | ラグビージャパン365

明治が連覇に向け一歩前進。関西学院に勝利し準決勝進出

2019/12/21

文●編集部


21日、第56回全国大学ラグビー選手権は準々決勝4試合が行われた。3回戦を勝ち抜いてきた4チームとシード校4校が対戦。結果はシード校4校が勝利し、「正月越え」準決勝進出を決めた。秩父宮ラグビー場の第2試合は昨年覇者の明治大学が関西学院大学と対戦。

SO齊藤誉哉(1年)は身長180cm、88kgの恵まれた体格。この大事な試合での起用にも役割全うした。

SO齊藤誉哉(1年)は身長180cm、88kgの恵まれた体格。この大事な試合での起用にも役割全うした。

明治は司令塔のSO山沢京平とCTB森勇登が欠場。齊藤誉哉(1年)が先発。プレッシャーのかかる状況でも落ち着いたゲーム運びを見せ、2ゴール、1PGを決めチームに貢献。13番には児玉樹が先発。BKのリザーブには、齊藤大朗(1年)が入った。

HIGHLIGHT

「一人ひとりがやるべきところをやらないとこういうゲームになってしまう。」明治大学 田中澄憲監督

3週間ぶりの試合でしたが、関西学院さんの素晴らしいファイトで締まったゲームになりました。我々は次に進めますのでしっかり関西学院さんから学んだことを活かして東海大さんにいいチャレンジしたい。

欠場した山沢の代役としてSOに入ったルーキー斎藤誉が逆転のコンバージョン成功

欠場した山沢の代役としてSOに入ったルーキー斎藤誉が逆転のコンバージョン成功

――メンバー何人か変更がありましたが、今日のパフォーマンスについて


メンバーについては、ローテーションというわけではなく、小さなケガとか、コンディションのいい選手を出しました。ゲームについてはもちろん理想とは違うものでしたが、メンバーが特に変わった中で1年生も多くでていましたし、難しい試合になるなと思っていました。1年生のSO齊藤は、いきなりすごいプレッシャーだったと思いますが卒なくこなしてくれたのでいい経験ができたと思っています。

――修正点


セットプレーのところはしっかりと練習します。一人ひとりがやるべきところをやらないとこういうゲームになってしまう。小さなことをしっかりとやる。リーダーは今シーズンしっかりやってくれているので、特別何を求めることはない。本当に長くても1月11日で終わってしまいますので、そういうものをしっかりととらえながら、これまで毎日やってきたことが4年生、リーダーとしての仕事かなと思います。


――試合間隔空いて


特別なことやっていない。自分たちがやってきたディテールの、精度のところを準備。3週間空いた難しさを意識していなかったです。それよりも関西学院さんのファイトがこれだったと思います。自分たちがしっかり、自分たちが力を出させなかったラグビーが素晴らしかった。



――けが人の選手について


もちろん回復すれば使いたいです。決して関西学院だからこのメンバーというわけではない。本当に現状でベスト次も本当に山沢、森が帰ってこれるかわからない。


「対抗戦では味わったことない厳しい試合の経験ができた」明治大学・武井日向キャプテン

勝ち切れたことだけは良かった。次につながるチャンスできたので 1月2日まで時間がありますので今日出た課題を修正して成長していきたい。


――前半スクラムでペナルティーをとられた


(相手のスクラムは)シンプルに強いと感じました。関西の組み方であったり、関東ではなかなか経験できない組み方だったり、試合中で完璧に修正しきれなかったというは今回の課題。スクラム劣勢の中での試合は、あまりこれまで経験したことなかったので大きな経験となりました。

――試合全体でパフォーマンスが出しきれなかった要因は


大学選手権ということで、厳しい展開になることは予想できていましたが、僕自身もそうですけどああいう場面で、まとめる力だったり、一つの方向をむいて一人ひとりがチームプレーをするという修正能力がまだまだ甘かったと思います。対抗戦を通じて、厳しい試合があまりなかったので、そういうのを今日経験できて今後は修正できるようにしたい。



後半、WTB山﨑のトライにつながったLO箸本の突破

後半、WTB山﨑のトライにつながったLO箸本の突破

――東海大にむけての修正点


東海大さんもスクラムに自信をもっているチーム。それに対してしっかり自分たちのスクラムを組むということ。スクラムの優劣がどうなっているのかを考えながらスマートなラグビーをやっていきたい。

後半26分、明大WTB山崎が右隅にトライが決まり関学を突き放した

後半26分、明大WTB山崎が右隅にトライが決まり関学を突き放した

 

これまで劣勢だったスクラム。敵陣ゴール前でのスクラムで押し込みPKを獲得。明治はショットを選択。SO齊藤が冷静にPGを決め相手にプレッシャーをかけた。

これまで劣勢だったスクラム。敵陣ゴール前でのスクラムで押し込みPKを獲得。明治はショットを選択。SO齊藤が冷静にPGを決め相手にプレッシャーをかけた。

 

関西学院大学 牟田至監督

なんとかベスト4にいきたいという思いでやってきました。60分までいいシナリオで予定通りのシナリオだった。最後とられてしまって、差ができてしまって。残り20分でラッシュしてトライを取りに行くシナリオでしたが、最後とれずにトライ数で2:3という結果でした。

本当に内容は凄くしまったゲームでしたし、僕らの強みであるセットプレーや組織で守るディフェンスは最後までできたかなと思います。1本差は地力の差が出てしまった。負けはしましたが、取りきったので満足です。



――明治への対策


圧倒的に明治の方が強いフィジカル、スキル。何にしても上回っているのは明確だった。何か僕らの強みを活かしながら、それはセットプレーですが、やるまでわからない状況でした。ファーストスクラムでいけるなという感じがありました。FWぶつけ続けて消耗すると、60分すぎると体力が落ちていくので、なるべく時間をつぶしていこう。日本代表のトレンドとは逆、身体あたる時間を削っていこうと。25分くらいインプレーにして、60分以降からリザーブを入れてボール動かしていこうという作戦でしたが、できませんでした。


――スクラム


スクラムは相性もある。同志社さんは対戦していたのでそのビデオ見てどう組んだらいいかなとは考えていました。それがいいスクラムが組めた

関西学院大学 原口浩明キャプテン

明治戦にむけて関学の歴史をかえよう。自分たちの持っている力を出し切った。結果につながらなかったのはどこかに自分らの力不足あった。まだまだ自分たちにできたところがあるんじゃないかと思います。この試合にかけていた思いが強い分、負けて悔しい思いが強いですが、最後自分たちがやってきたディフェンス、セットプレーが出せて良かった。負けてしまいましたがこの結果が関学の未来につながる試合ができたかなと思います。

――スクラムについて


明治大学のスクラムはみんな体が大きく、まとまって組んでくると分析していました。僕らは体が小さいので、低さとまとまりという部分で相手をしっかり上回って、しっかりとスクラムを組む準備と練習をしてきました。今回の試合ではいい部分も出ましたし、悪い部分も出ました。やってきたことは間違っていないと思います。

関学の低いタックルはリードを広げられても衰えなかった

関学の低いタックルはリードを広げられても衰えなかった

――普段、学生主体で練習しなければならない時間は


平日、コーチがいない分、学生が考えて、日頃ミーティングを重ねて、練習以外の部分も含めて、各リーダーがどういうふうにやっていくのか、やらせていくのかをきめました。そして土日、監督・コーチが来られた時に見てもらって成長できたかなと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ