「日々の練習から世界に目を向けて練習に」小澤大選手が語る、男子セブンズの現在地 | ラグビージャパン365

「日々の練習から世界に目を向けて練習に」小澤大選手が語る、男子セブンズの現在地

2021/01/30

文●編集部


1月26日(火)~1月31日(日)、東京オリンピックに向けて、男子セブンズ第三次オリンピックスコッド18名と、将来、代表に呼ばれる可能性のあるトレーニングメンバー9人が東京都内で合宿を行っている。30日(土)、小澤大(日本ラグビー協会/トヨタ自動車)がオンラインで報道陣に対応した。

――今回の合宿はどんなことをしているのですか?


今回の合宿は、基本的にゲーム形式が多くて、昨日、今日と2試合ずつ行った。(今まで)身内同士でしかできなかったが、将来(日本代表の)可能性ある選手を呼んで試合をしたことは僕たちにとってもプラスになったと思います。


――合宿におけるコロナの感染対策は?


感染対策はすごくしてくれています。他でやるより、ここでやっていた方が安心なほど徹底しています。空気の循環、換気、消毒など、常に感染対策をやってくださっているので、合宿は安心してやれているのかなと思います。ミーティングは距離を取ってマスクをしてやっていますし、ケアもマスクして受けたりと徹底しているので、安心して合宿を行っています。

――試合形式の練習でのテーマやプランは?


大元の部分、自分たちが掲げている、(蜂のようなラグビーをするという)「Bee」の部分では負けない(ということがテーマだった)。相手は3日くらい前に集まって今回の試合をやってくれたが、自分たちはずっと合宿してきたので、大元では負けない、走り勝つ、アタックとディフェンスと、今までやってきたことを出そうというプランで臨みました。


――2日前は雪が降りました


そのときはチームとしてはオフだったので、オフで良かったなというのが感想です。グラウンドキーパーの方が夜遅くまで雪かきをしてくださったので、そのおかげで、昨日、今日とゲーム形式で臨めました。


――相手はトレーニングメンバーでした。刺激になったところはありますか?


いいプレーしている選手がいれば、こっち(第3次オリンピックスコッド)に入ってくると思いますし、東京五輪だけでなく その先の五輪に向けての強化も同時進行でやっています。可能性ある選手が対戦してくれた。実際、いいプレーすれば、自分たちだってメンバー変わると思うし、危機感、プライドを持ってやっています。

身内同士の試合だと、ちょっと、慣れ合いというか、知り尽くしている。来てもらった選手とやるのは 思い切ったプレーもできますし、試合をすることで課題を見えてくるし、次の合宿で課題を修正すればいい。身内よりも対外の試合の方がいいなと思います。

――東京五輪に向けて、強化のために期待していることはありますか?


正直な感想は今の時期、コロナでなければニュージーランド、オーストラリアとかにワールドシリーズに行けていたが、それが厳しい状況だと理解している。海外に行ってレベルが上のチームとなかなかできないのが現状ですが、ただ日々の練習から世界に目を向けて練習に取り組んでいます。本当は、海外に行っていろんなチームと試合をしたいのが正直な感想です。


――岩渕ヘッドコーチは、日本ラグビー協会・専務理事も兼務しています。


本当に忙しそうだなと思いますし その中でも岩渕さんはいろいろと自分たちのことにも目を向けてくれているし、専務理事の仕事もあるので忙しいと思います。それでも自分たちに比重を置いてくれていて、練習、試合も見ていると思います。忙しい中でも上手く(役割を)分担して、仕事をしてくれている。でも、正直、忙しそうだなと思います。(岩渕さんがいないときは)スタッフが分担してやてくれている。それはそれで、今まで通りの感じでやれています。

――ハレ・マキリコーチが女子のヘッドコーチに就任しました。


(マキリコーチは)ずっと帯同してくれていたが、コロナの影響で(NZから)こっちにこられなかった。ハレさんはブレイクダウン、ディフェンスのことにすごく詳しい方なので、そういった方が抜けてしまったことは、自分たちにとってはマイナスではないが、大きな損失かなと思います。その中でもスタッフが上手いところ分担してそういったところをやってくれてします、自分たちもやってきたので。

ディエンス、ブレイクダウンはいろいろ教えてくれていた。それが今、活きているし、次につながっていると思います。正直、抜けるのは痛いですが、女子の監督になったので、女子のディフェンスが強化されると思っているので、自分はポジティブに捉えてやっています。


――この半年間の強化状況は?


半年間、強化してきた部分が試合で出せていた部分と出せていない部分も正直あった。そこはセブンズの難しいところで、相手に流れにいってしまった部分もあるが、自分たちがやってきたことを出して、出た課題を次の試合に活かすことができている。ディフェンスを強化してきたし、粘り強い、ポジティブなディフェンスもできてきて、その部分では進化してきたと思います。

チームとしては飛び込んでタックルすることが現状多くて、簡単に行かれてしまうことがあったが、今日、昨日の試合は飛び込まずに自分たちから体を当てにいって、それで外されてもサポートしてもらっていた。レッドドライブなくて足が死んでいたが、それができるようになってポジティブ(なところもあった)。ただ、世界でどれだけ通用するかわからないです。チームには外国人の選手もいますが、他のチームにどれだけ通用するか、今の段階で試してみたい。そうすれば足りない部分が見えてくると思う。今は難しい状況ですが、試合があれば、次のステップに行けるのかなというのが正直な感想です。

――今後の遠征の可能性などコーチ陣から何かありましたでしょうか?


ミーティングでは、いくつかのプランかのオプションが出てはいるが、実際にリリースされていないので、自分からは言えない。そのあたりは監督とかに聞いてほしい。いくつかプランかあり、これがダメだったらこれというのがあり、広報や岩渕(健輔HC)さんに聞いてほしい。今も世界の状況も深刻な部分もあるので、海外に行くというオプションもあったが、そこはプランが変わってしまっているというのが正直なところです。


――様々な報道がされている、半年後に向けた東京五輪に対しての受け止めは?


自分たちがコントロールできる部分ではないので、オリンピックが開催されるということを信じて活動を行っています。チームからコロナ感染者も出ていないし チームの活動が止まらないこともすごくいいことですし、自分たちは東京五輪が開催されると思って日々過ごしています。


――岩渕HCは複数ポジションでプレーしてほしいと言っていましたが……


今はPRとHOの両方をやっています。今回の合宿はPRが多かったです。(東京五輪に出るには)自分のプレーが安定して出せれば問題ないと思いますし、コンディションも上がってきますし、もっと、同じポジションと競って世界基準になれば選ばれると思います。


――あらためて東京五輪に向けての思いをお願いします。


自分はリオ五輪で落選して、そのときに悔しい思いもしていますし、日本ラグビー協会と専任契約を結ばせていただいて、(愛知の豊田市を拠点とするトヨタ自動車から離れて)東京に拠点に置いていて、相当な覚悟を持ってやっている。あと半年後ですが、東京五輪でメダルを取るメンバーになりたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ