これからもジャパンセブンズは続いていく-東京2020・男子ラグビー日本代表選手・HCコメント | ラグビージャパン365

これからもジャパンセブンズは続いていく-東京2020・男子ラグビー日本代表選手・HCコメント

2021/07/30

文●編集部


29日、男子セブンズ日本代表の選手たちから協会を通じてコメントが送られた。大会の最終日、韓国に31-19と勝利して11位という結果に終わってしまったが、この悔しさを胸に、来年のワールドカップ、3年後のパリ五輪に向け、新たな男子セブンズの歴史をつくるために止まることはなく歩みを始める。

「初戦でチームを勝利に導けなかったことに強い責任を感じる」岩渕健輔HC

世界中の全ての方々が大変な状況の中で、選手たちがグランドに立てる機会をいただいたことを、心から感謝します。またそのような中でもチームに対して温かいお言葉をいただき、支えていただき、本当にありがとうございました。選手たちは、初戦に向けてベストな準備をしてくれていました。その初戦でチームを勝利に導けなかったことに強い責任を感じております。男子7人制日本代表、そして今回プレーをした選手たちは様々なところで競技を続けます。これからも選手、チームを何卒よろしくお願いします。本当にありがとうございました。


「これからもセブンズ日本代表は続いていく。未来のセブンズ日本代表になる子どもたちが憧れるような存在に」 松井千士キャプテン

3日間応援ありがとうございました。目標としていたメダルには遠い結果でしたが、日本ラグビーファンの皆さんの応援メッセージが自分達の大きな力になり、韓国に勝つことができました。コロナ禍の中でのオリンピック開催で大変な状況の方々に、自分達の勝利で勇気や感動を届けたかったのですが、悔しい結果になってしまい申し訳ないです。

しかし、これからもセブンズ日本代表は続いていきます。未来のセブンズ日本代表になる子供達が憧れるような存在になるために行動していきたいと思います。

3日間本当にありがとうございました!

「まだまだ日本の7人制ラグビーはアジアを出ると世界との差ががある。パリに向けてさらなる改善と強化が必要」 羽野一志

まず、このような状況の中、大会が開催されたことを心から感謝いたします。そして大会運営に関わる方々、ボランティアの皆さん、セブンズを応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

結果はなかなか勝利を掴むことができず、チームが目指していたところにとどきませんでしたが、無観客の中でもSNSやテレビを通じて応援してくれた事が私達に大きな力をもたらしてくれました。

コロナの影響で海外遠征もままならず、チームを強化することが難しかったのは、どこのチームも一緒です。まだまだ日本の7人制ラグビーはアジアを出ると世界と差があるのが現状で、次のパリに向けて更に改善と強化が必要になってくると思います。

私個人として大学生から続いたセブンズキャリアの集大成となった今大会。全力を出し切り、このチームメイトと今日まで戦えたことを誇りに思います。そして所属するチーム、これまで支えてくれた家族に感謝したいと思います。引き続きこれからも7人制ラグビーの応援をよろしくおねがいします。


「JAPAN SEVENS FAMILYに感謝」副島 亀里ララボウラティアナラ

まず最初に、初日からSevens Familyをサポートしてくれている皆さんに感謝したいと思います。特に、家族、チーム、友人、そしてファンの皆さんに。東京オリンピックに向けていろいろなことがありましたが、私たちが望んでいたような結果になっていればよかったのですが、残念ながらそうはなりませんでした。

多くの方の期待に応えられなかったことは残念ですが、チームメイト達と彼らがフィールドで見せた努力を誇りに思っています。メディカル、S&C、アナリスト、マネージャー、コーチの皆さんのご尽力、機会を与えてくれたこと、私や他の選手達を信じてくれたことに感謝しています。私たちは自分たちの立場を理解しており、共通の目標に向かって協力し合いながら、さらに上を目指していきたいと思います。

お疲れ様でした。JAPAN SEVENS FAMILYに感謝します。

「日本代表として出場する機会を得られたことはとても光栄」セル ジョセ

思うような結果が得られませんでしたが、日本代表として東京2020に出場する機会を得られたことは、とても光栄でした。感謝しています。また、日本のファンの皆様にはいつも応援していただき、本当にありがとうございます。


「勝つか、学ぶか、それがラグビーセブンズ」トゥキリ ロテ

目標が達成できなかったのは残念ですが、この大会から学び、日本のセブンズの未来に向けて前進していきたいと思います。全体的には、選手たちは全力を尽くして、家族や友人、そしてファンの皆さんのために心を込めてプレーしました。勝つか、学ぶか、それがラグビーセブンズです。また強くなって戻ってきます。

「毎試合ベストを尽くした」ボーク コリン雷神

東京2020チームの一員として素晴らしい経験をすることができました。思うような結果は得られませんでしたが、毎試合ベストを尽くしました。オリンピックの開催に協力してくれた皆さん、そしてこの機会を与えてくれたコーチやマネジメントに感謝しています。


「最高の仲間と最高のチャレンジができた」彦坂匡克

連日の応援ありがとうございました。思うような結果は残せませんでしたが、最高の仲間と最高のチャレンジができました!オリンピックは終わりましたが、これからワールドシリーズ、ワールドカップ、アジア大会…とセブンズの試合は続いていきます。

引き続きジャパンセブンズのサポートをよろしくお願いいたします 最後になりますが、無観客となったオリンピックでしたが、SNSや現地のボランティアスタッフの方々など、多くの方の応援に勇気をいただきました。本当にありがとうございました!!


「代表としてオリンピックに参加する機会を与えてくれたコーチやスタッフに感謝」ヘンリー ブラッキン

困難な時期にオリンピックを開催してくれた東京の皆様、そして日本の皆様に感謝します。特別なイベントであるオリンピックに参加できたことを大変光栄に思います。

日本代表としてオリンピックに参加する機会を与えてくれたコーチやスタッフに感謝しています。


「『桜を咲かせる』というフィロソフィーはこれからも変わらない。今後も満開の桜を咲かせるために努力していく。」本村直樹

まずこのコロナ禍でオリンピックを開催するにあたって尽力してくださった全ての人に、感謝しています。ありがとうございます。またオリンピックに賛否のある中でたくさんの方々から応援のメッセージをいただきました。その気持ちがすごく自分の支えになりました。ありがとうございます。さらに家族やチーム、職場など、自分の活動を理解し、一番近くで長い期間支えていただきありがとうございました。

その全てに対して結果で応えたかったです。それが出来なかったことが何よりも悔しいです。

『桜を咲かせる』というフィロソフィーのもと、動き出した僕たちでしたが、今回満足できる桜を咲かすことはできなかったかもしれません。でもフィロソフィーは変わらないですし、7人制ラグビー日本代表も終わりません。今後も満開の桜を咲かせるために日々努力していきます。応援よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、このセブンズファミリーで同じ方向を向いて努力してこれたことを誇りに思います。みんなありがとう。


そして(松井)千士ありがとう。お疲れ様!


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ