メイン平・ネクストレベルへの挑戦 | ラグビージャパン365

メイン平・ネクストレベルへの挑戦

2022/06/13

文●編集部


NDSに途中招集されたメイン平(ブラックラムズ東京)は、「すごくレベルが高くて毎日チャレンジしています。」とトップレベルでの挑戦に邁進している。11日に行われたトンガサムライXV戦にもリザーブメンバー入りし、後半16分からFBとして出場。ボールを持つ機会はそこまで多くはなかったが、強みのランを見せた。ウルグアイ代表戦ではメンバー入りなるか注目したい。チャリティーマッチ前に行われたオンライン会見をたっぷりとお届けする。


――2週間ぐらいやってきた印象は


やっぱりすごくレベルが高くて、 僕自身も毎日すごいチャレンジしてるんで、 足りないっていう部分は あまり強度もフルコンタクト全部やってるわけじゃないんで、あまりちょっとわかんないんですけど、そこで課題を見つけられたらなと思います。


――最初5月の代表候補メンバーには入っていなくてその後の発表で招集されましたが、御本人はいつ知らされた?


僕も、確か、公式発表があった金曜日と同じ週の火曜日に聞かされました。すごくギリギリで準備しました。自分のパフォーマンス的にも、そんなに(NDSに)はいるほどのパフォーマンスをしてないなと思っていたんで、追加招集で呼ばれたときはびっくりしましたね。


――WTBのポジションを練習している?


はい、初めてなんですけど、すごくチャレンジングな試みです。FBを主にやっているんで、WTBをコントロールしているので、WTBの理解というのは多少ありました。だから戸惑いというのはあまりなかったんで、全然どこでも大丈夫かなと思います。


――今回はベンチスタートですね。


どこで出てもいいように準備はしています。


――NDS合宿では、田村優選手や立川理道選手といった経験の多い選手と組んで練習されていると思いますけど何か印象的なことがあったりしましたか?


WTBに入っている時に、優さんから毎回プレーの前に自分の役割というのを説明してもらえるので、やりやすいです。「ワンプレーでお前はできれば、12番まで引っ張ってポイント作ってくれ」とか。自分もちょっと緊張してプレーがちょっと頭から離れるときも何回かあったんですけど、伝えてくれるんで明確になっています。



――将来的に代表で勝負したいポジションはありますか?


15番が結構好きで、将来15番背負えるような選手になりたいなと思っています。15番はすごくコミュニケーションの部分で10番にどれだけ的確なコールだったりができるかという部分が試されていて、自分もコミュニケーションの部分は今年課題やったんで、大切だなと思います。


――コミュニケーションの部分で意識してやっていることはりますか?


やっぱりオフザフィールドの部分でどれだけコネクションを強く作れるかっていう部分なんで、食事のときだったり、自分の部屋から出てるときは積極的にコミュニケーションを取ろうと思っています。


――田村選手はお手本になる感じですか?


そうですね。優さんはすごくフランクにみんなと話したりしてるんで、すごくいい影響を与えていると思います。


――ジェイミーHCが名指しで「李承信とメイン平は若い選手」と言っていました。大学に進学していると今、4年生ですけど、ニュージーランドに行って、リーグワンでプレーして今ここにいるということを改めてどう感じていますか。


結構驚きが多くて、ニュージーランドで2年前にやっていて、2年後この環境でできているとは想像もできていなかったです。



――李承信選手は一足先に代表の方へ行きました


僕もいずれは、あっちの合宿の方に参加できたら良いなと思っています。



――直前の招集で短い期間の準備でアピールする必要があったと思うんですけど、なにか心がけたことはありましたか?


そうですね。短い期間の準備やったんで、自分の学んできたことを短い練習の時間で発揮できました。コミュニケーションの部分であったり、自分の強みとしているランの部分であったりを発揮できたんで良かった。



――ジャパンの15番をやるのに必要なコミュニケーションとは


15番は、アタックの時に、10番の後ろに立つことが多いので、ラックを見てしまいがちなんですけ、どこにスペースがあるのかというのを10番に伝えるということが大切というのを学びました。


――宮崎出身ですよね。


はい。小学生の時は毎日学校が終わったあとに、シーガイアの方へ行って、代表の練習を見学したり、練習後に選手のところへ写真を取ってもらったりしました。すごく思い出のある場所なので、自分もその場に行けたらいいなと思います。

ジョン・カーワン(元日本代表HC)のときによく行っていて、菊谷崇さんだったり、田村優さんだったり、レジェンドの方たちと一緒に写真を取って、家に飾っています。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ