女子15人制日本代表・LO玉井希絵(三重パールズ)「がむしゃらプラス考えてプレー」夢舞台への挑戦 | ラグビージャパン365

女子15人制日本代表・LO玉井希絵(三重パールズ)「がむしゃらプラス考えてプレー」夢舞台への挑戦

2021/03/04

文●編集部


3月2日深夜、ワールドラグビーは9月18日からニュージーランドで開催予定だった「ラグビーワールドカップ2021女子の延期が発表された。アジア予選は中止が先日発表され、女子15人制日本代表ことサクラフィフティーンはまだ出場が確定していない。現在、レズリー・マッケンジーHC指揮のもと、先が見えない中、和歌山合宿を行っている。2日、練習後に、WTB谷口玲子(アルカス熊谷)選手、LO玉井希絵(三重パールズ)選手がオンライン取材に応じた。尚、この取材は、W杯延期発表の前に行われている。

今回、和歌山合宿5日目になりますが、今回の大きなテーマは、「チャンスを作り出す」「チャンスをつかむ」。チーム全体で意識してトレーニングしています。W杯を意識して試合形式の練習をする中、きつい中でチャンスを作り出してそれに食らいついていくか試されていて、体の疲労が来ていますが、この状況の中で、何ができるか、しんどい時間に細かい意識、細かいプレーができるかを意識して練習しています。年の差関係なく、いろんな意見を交換しあって、疑問、課題を見つけて、たくさんの選手とコミュニケーションとりながら、合宿を進めている状況です。

――パールズで全国大会で優勝経験しました。


パールズとして関西大会が中止になる中、準備をするのが大変だった。関東でレベルの高い大会が行われていて、正直、焦りもありましたし、どんな相手が来るんだろうとか、初めて対戦する関東の相手にいろんな対策しないといけなかったが、コロナで何が起こるかわからない中で、練習を続けていくとき、まず目の前、基礎から固めていこうと話していた。

自分たちにできること、時間があることをプラスに考えて、いつも7人制があって15人制に時間がかけられないが、全員でやるところが15人制の魅力でもあると思うので、一つ一つやっていきました。関西のチームと練習試合することが難しかったので、男子高校生を相手にフルコンタクトで、バチバチで何回かやってもらって、その中で課題を修正して関東の大きい相手をイメージして積み上げてやってきた結果です。

2月21日に開催された全国大会で所属する三重パールズが優勝

2月21日に開催された全国大会で所属する三重パールズが優勝

――2017年女子W杯をどう見ていたか?


2017年の当時は、齊藤聖奈、山本さやか選手が絡んでいることを正直、すごく客観的に見ていて、自分事に見てなくて、遠い存在に感じていた。代表ってキラキラしていて、聖奈から話を聞いても、パールズでもっと意識高く発言したり、自分でどんどん進んでやっている情報を聞いていて、遠い存在で、憧れの存在ではありました。2017年はパールズのラグビーに夢中に取り組んで、パールズの中でどれだけ成長できるか、毎日、トレーニングに注力していたことを覚えています。

合宿に呼ばれるようになったことも、今考えるとパールズの練習、試合でセブンズ、15人制関係なく自分を高めるために、目の前のことに集中していたそのご褒美というか、結果的に合宿に呼んでもらったことにつながった。

――玉井さんはラインアウトのリーダーをやっているそうですが。


私自身はラインアウトグループでプレーしているが、ラインアウトの面でいうと、自分から発信したり、そこまで突き詰めたことはなかったところを、自分事に捉えて、チームと相手の分析を、すべてをコーチに任せるのではなく、自分たち発信でやったり、プラス選手の意見を聞いて、その橋渡しをイメージをしながら、選手に落とし込めているかなと感じています。

試合の中で各グループで、持ち場で、リーダーが率先して発言して、グラウンドの中で方向性を提示してくれることはありがたく思っています。ラインアウトでも少し劣勢になったら、私と佐藤優奈が落ち着いて発信して、チームの波を自分たちの波に整えていくにはすごく有効かなと思います。


――W杯はどんな場所?どういったプレーをしたいと思っているか?


自分があのときに見ていた日本代表にいるということを意識しすぎてしまうと、正直、気負いしてしまう部分があるので、心に置いているのは、あのときと同じように、目の前のことを100%、妥協しないでやることを今年のW杯に向けて胸に置いています。

パールズでもどこでも(やることは)いっしょだと思っています。W杯の舞台を経験したことがないので、未知の世界で、どんな景色があって、どんな相手とどんなマインドで戦うのか、ワクワクすると同時に緊張感があったり、楽しみな気持ちにもなります。

イメージするのは、ここまで自分が来た中で関わって来た中で、最高の舞台だと思っています。10年間、ラグビーで培った精神面もプレー面もスキル面でも、ジャパンのLOとして体現できるような、前に出られるようなプレーをコツコツしていきたいと思っています。

――ここは負けないという部分があれば教えてください。

私自身の強みは、がむしゃらに前に出て体を当てて行くプラス、身体的なところだけでなく考えてプレーするのが強みかなと思います。がむしゃらにどんどんいくことだけでなく、戦略的に頭を使って、相手の弱いところ狙っていったり、ラインアウトに関わることが多いが相手の分析、試合の中の分析して、それを使ってチームに貢献していくのが自分の強みかなと思います。


――高校生など木田選手を筆頭に若い選手も合宿に呼ばれています 


高校生は本当に脅威で、高校生だけでなく若い選手は、まず適応能力高くて、私がその年代でこのグループに入ったら、何もできないし発言もできない、怖じ気づいていなと思う。がむしゃらに向かってきて、惜しげなくプレーやスキルを発揮できる、メンタル、ハートの強さに驚いている。

こんな若いときにラグビーに出会いたかったなという気持ちもあり、キラキラで将来楽しみな部分もありますし、負けてられないという自分へのいい刺激にもなっているし、グループとしても底上げ、大きな存在になっていると思います。

関学の同期・徳永祥尭は大きな刺激に

関学の同期・徳永祥尭は大きな刺激に

――ラグビーを始めたきっかけは?


(通っていた高校のラグビー部の先生の影響で)高校3年生で始めたが、関西学院の体育会ラグビー部に入ったことがすごく大きくて、同期に(日本代表の)徳永祥尭(東芝)あたりがいて、層も厚くて、伝統がある中でもビッグな世代だった。

ラグビーをはじめて、その中に入って、自分の身を粉にして、誰かのために動いているだけでなく、自分が目立たなくても、ひたむきに練習している姿とか、130人部員がいる中、A~Eチームまでいる中、Eチームのモチベーションってなんなんだろうと思っていたが、毎週、練習に取り組んでいる。ラグビーは全員で戦っているんだというところにすごく惹かれて、そこの中に入れてもらえたのが最初のスタートとしては大きかった。関西制覇とか夢舞台の景色を見せてもらって、すごい近くでレベルの高い選手に教えてもらった。


徳永選手本人は覚えていないと思いますが、「(U20日本代表の)合宿や試合とか、プレッシャーとか怖くないの?」と聞いたことがあって、「期待とかプレッシャーを楽しまないと意味ないやろ」と言われて、その時に、すごいなと、そういう余裕とか考えがあるのがトップの選手かと、ラグビーを始めてすぐに味合わせてもらったのが、ラグビーに虜になったきっかけかなと思います。

分析とかに関しては、この合宿に来て、レズリーコーチに分析グループはオタクグループと呼ばれて、最初は『私?』と思ったところもあったが、冷静に外から見て、考えてプレーしているよね、試合の映像を見ると、試合の中で考えて、がむしゃらすぎないところがいいところだからと言ってもらって、そこ自分では気づかなかったところで、そこは伸ばしていこうと伸ばしている部分があります。

――徳永選手がオリンピックに出たことは励みになった?


本当に、励みになりました。関学のラグビー部にいい報告するというのが、自分のモチベーションでもあったので、彼がW杯メンバーにも入ったときは刺激になりましたし、まだまだ彼の背中を追いかけたいと思いました。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ