聖地・カーディフでのウェールズ戦は敗れるも女子日本代表にとって大きな収穫 | ラグビージャパン365

聖地・カーディフでのウェールズ戦は敗れるも女子日本代表にとって大きな収穫

2021/11/08

文●編集部


8日、女子日本代表は、カーディフで女子ウェールズ代表と対戦。フィジカルの強いウェールズにセットプレーでプレッシャーを受け苦しい展開を強いられ前半は11-0とリードして後半を迎える。この試合で初キャップのHO永田虹歩の縦への突破、さらに海外でプレーするCTB小林花奈子らの突破で後半、ゴール前に迫るもなかなか得点につなげることができない。それでも後半37分、FL齊藤聖奈がゴール前のラックからボールをねじ込みトライ。試合はそのままノーサイドで5-22で欧州ツアー初戦を終えた。

SCOREBOARD

テストマッチ2021・2021.11.7

  • TRY(3)
  • G(1)
  • PG(2)
  •  
  • PENALTY
  • PK(15)
  • FK(1)
  • TRY(1)
  • G(0)
  • PG(0)
  •  
  • PENALTY
  • PK(11)
  • FK(1)

  • TIMELINE

    後半37分、FL齋藤のトライ

    後半37分、FL齋藤のトライ

  • 前半2分 女子ウェールズ代表 8.シワン・リリクラップ T 5 - 0
  • 前半3分 女子ウェールズ代表 10.エリノア・スノーシル Gx 5 - 0
  • 前半28分 女子ウェールズ代表 10.エリノア・スノーシル PG 8 - 0
  • 前半33分 女子ウェールズ代表 10.エリノア・スノーシル PG 11 - 0
  • 後半14分 女子ウェールズ代表 15.ジャスミン・ジョイス T 16 - 0
  • 後半15分 女子ウェールズ代表 10.エリノア・スノーシル G 18 - 0
  • 後半33分 女子ウェールズ代表 15.ジャスミン・ジョイス T 23 - 0
  • 後半34分 女子ウェールズ代表 10.エリノア・スノーシル Gx 23 - 0
  • 後半37分 女子日本代表 6.齊藤聖奈 T 23 - 5
  • 後半38分 女子日本代表 21.津久井萌 Gx 23 - 5
  • MEMBER_女子ウェールズ代表

  • 1 キャリル・トーマス 後半19分 OUT → IN 17 カーラ・ホープ
  • 2 キャット・エヴァンズ 後半10分 OUT → IN 16 カリーズ・フィリップス
  • 3 ドナ・ローズ 後半10分 OUT → IN 18 セリス・ヘイル
  • 4 ナタリア・ジョン
  • 5 グウェン・クラッブ 後半28分 OUT → IN 19 アレックス・カレンダー
  • 6 ジョージア・エバンズ 後半19分 OUT → IN 20 アリーシャ・ブッチャーズ7 ベッサン・ルイス
  • 8 シワン・リリクラップ
  • 9 キーラ・ヴィーヴァン 後半19分 OUT → IN 21 フィオン・ルイス
  • 10 エリノア・スノーシル 後半19分 OUT → IN 22 ロビン・ウィルキンス
  • 11 コートニー・カイト
  • 12 ケリン・レイク
  • 13 ハンナ・ジョーンズ 後半0分 OUT → IN 23 メ―ガン・ウェッブ
  • 14 リサ・ニューマン
  • 15 ジャスミン・ジョイス
  • 16 カリーズ・フィリップス
  • 17 カーラ・ホープ
  • 18 セリス・ヘイル
  • 19 アレックス・カレンダー
  • 20 アリーシャ・ブッチャーズ
  • 21 フィオン・ルイス
  • 22 ロビン・ウィルキンス
  • 23 メ―ガン・ウェッブ
  • MEMBER_女子日本代表

  • 1 南早紀 後半19分 OUT → IN 16 ラベマイまこと
  • 2 永田虹歩
  • 3 左高裕佳 後半0分 OUT → IN 17 加藤幸子
  • 4 櫻井綾乃 後半0分 OUT → IN 19 玉井希絵
  • 5 佐藤優奈
  • 6 齊藤聖奈
  • 7 長田いろは
  • 8 永井彩乃 後半24分 OUT → IN 20伊藤優希
  • 9 阿部恵 後半24分 OUT → IN 21 津久井萌
  • 10 山本実 後半19分 OUT → IN 22 今釘小町
  • 11 名倉ひなの
  • 12 中山潮音 後半0分 OUT → IN 23 小林花奈子
  • 13 古田真菜
  • 14 谷口令子
  • 15 庵奥里愛
  • 16 ラベマイまこと
  • 17 加藤幸子
  • 18 小鍜治歩
  • 19 玉井希絵
  • 20 伊藤優希
  • 21 津久井萌
  • 22 今釘小町
  • 23 小林花奈子
  • レズリー・マッケンジー女子日本代表HC

    ――今日の試合での収穫、そして課題は?


    次の2試合は、どのようにチャンスを作り出してモメンタムをつくっていくか。フェイズを重ねることにどうやってプレッシャーをかけていくかが重要になってくると思います。

    2年ぶりのテストマッチということで、フィールド上で学ぶことはたくさんありました。私自身も選手たちにもっと自信を持たせることが必要ですし、チームにとっては収穫があった試合だったと思います。

    HO永田虹歩さんは、最初のキャップということで、もちろん緊張もありましたし、課題もあったと思いますが、フィジカルパフォーマンスも素晴らしかったし、自信をもってほしいと思います。ウェールズ代表は手強い相手でしたが、彼女にとっても自信につながる試合になったと思います。

    私達は2年間のブランクがあって、ウェールズにきて、そしてウェールズで試合をすることができました。ディフェンス、コネクションもよかったと思います。セットピース、ラインアウト、モール、2年前に比べるとよかったと思います。精度という点ではもう少しやっていかないといけないということは新しい発見だったと思います。

    前半からウェールズはフィジカルで勝負してくると思っていました。それに対して私達もチャレンジしていこうと挑みましたが、我々のモメンタムをすることが難しかった。15番の選手(2トライを決められた)はオリンピックの選手だと思いますが、強みを出させてしまった。

    ――ボールポゼッションは多かったが得点がとれなかった。その要因は?

    多分緊張していたのかなと思います。試合面での気持ち、なかなか実戦がなかったので培うことができなかった。若い選手も多いので、どう反応するのかは、来週以降に臨んでいきたい。

    ――選手起用について


    モメンタムが作れるかどうか、これまでの練習で見せてくれた選手を起用しています。ウェールズが相手ということで、フィジカル、メンタル、ボールキャリーができるかそこで貢献出来る選手をセレクトしました。2023年に向けて自信をつけてほしい選手が出場ですることが出来たと思います。


    ――ハーフタイムでは何か指示をしましたか?


    私自身は何も話していない。こういう環境でどう修正できるかがチャレンジだとおもったので、キャプテンらが話して修正してくれると期待していました。


    ――試合中の修正能力について


    どういうふうに修正したかというより、(選手たちの中で)どういう会話があって、立て直して、そして修正したのかそれを振り返ることが大事です。ブレイクダウンでペナルティーが多かったですが、(選手たちが)やろうとしていたことは正しかったと思います。キャップ数はイングランドやスコットランドに比べまだまだジャパンは少ない。ただ、国際経験を得る、今日のような経験は彼女たちにとって有益なものだったと思います。


    ――試合後は笑顔も見られた。マインドセットに対する評価


    笑顔だけでは評価することはできませんが、集団でインターナショナルテストを戦うためにお互いにチームに貢献する、ゲームを理解する。あまり深刻に捉えすぎる戦うことができたと思います。


    ――キャプテンやリーダー陣はしっかりとチームをまとめていたか


    私達の中ではストラクチャーがあります。ハーフタイムに誰が話すのか、キャプテンだけでなくグループ全体があります。全ての選手がリーダーなんです。時折私がなにかを付け加えることがありますが、ピッチに出たら、選手たち自身が考えさせてるようにしています。まだまだ彼女たちも、全ての点で学んでいる途中だと思います。

    ――若い選手が多い中、歴史的な意義がある「アームズパーク」でプレーすることについてなにか話をしましたか。


    少し話をしました。カーディフ、ウェールズ、英国のラグビーの中心である。昨晩のキャプテンズランでウェールズは次に南アフリカ戦が控えているので、いい感じの重い雰囲気がありました。それは試合に出た選手たちも感じていたと思います。


     

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ