ジャパニーズロック・大野均選手がラグビーの魅力と楽しさを伝える「はじめてのラグビー」を上梓 | ラグビージャパン365

ジャパニーズロック・大野均選手がラグビーの魅力と楽しさを伝える「はじめてのラグビー」を上梓

2019/06/21

文●編集部


前人未踏の日本代表98キャップをもち、チームのために体を張る、ジャパニーズロック、大野均選手(東芝ブレイブルーパス)が、これからラグビーをはじめてみようとする子供たちにラグビーの楽しさや魅力をふんだんにメッセージとしてちりばめた「はじめてのラグビー」(世界文化社)を上梓した。本に込めたメッセージや、大野選手の思いをありのまま語ってもらった。

「ド素人から、この世界に飛び込んだ自分だから、より子供たちと近い気持ちを語れる」

――ご出版おめでとうございます。


はじめてラグビーをする子どもたち向けにわかりやすくラグビーの魅力を載せた本を出したいというご提案を世界文化社さんよりいただきました。自分自身も、大学からラグビーをはじめて、まわりが経験者ばかりで、ド素人から、この世界に飛び込んだということもあり、はじめてラグビーをする子どもたちとより近い気持ちを語れると思い、お引き受けしました。

――本の中には、これからはじめようとする子供たち、親御さんなどさまざまな方にメッセージが散りばめられています。その中でも伝えたかったこととは。


ラグビーをやってきて、いろんな仲間と出会えたことですね。本の中には、トンプソンルーク(LO・近鉄)、同期の木曽一(FL・NTTコム)、大西将太郎(SO・豊田自動織機)、渡邉泰憲(FL・東芝)さん、など自分がラグビーを続けてきてすごく感銘を受けた人たちのことを紹介させていただきました。彼らと、同じスポーツを通じて出会えたということを伝えたかったです。

ラグビーをはじめてみると、最初はまわりが上手い人ばかりだと気後れすると思います。ですが、ラグビーは自分みたいにパスもキックもできないけど、体を張ることでチームに貢献できる、そういうスポーツなのです。そういったラグビーの魅力も伝えたかったですね。

ラグビーで感じることができる「心地いい痛み」が意味することとは

――ラグビーをはじめさせる時にどうしても気になってしまうのが「ケガ」の部分です。著書の中でも、体をぶつけることは「他人の痛みを知ることができる。それがラグビーの価値」と言われています。日常生活の中で、他人と体をぶつけるようなことはめったにない状況です。そういう特別な状況を経験するということは子どもたちにとってどんなプラスの働きがありますか。


スポーツだからこそ、経験できる。スポーツだからこその「心地いい疲れ」ってありますよね。ラグビーでは「疲れ」もそうですが、「心地いい痛み」を感じられるスポーツなのです。そんなスポーツはなかなかないです。

――「心地いい痛み」というのは


激しい練習の次の日、試合の次の日、体が痛くないと逆に気持ち悪いですね(笑)。それだけ昨日はいい仕事ができなかったんだと思ってしまいます。逆に体が痛いと、昨日自分はちゃんと体を張れていたんだなと思える。そういう意味での「心地いい痛み」を感じられるのはラグビーならではだと思います。

――「心地いい痛み」それは、仲間のために自分がプレーできたことに対する達成感につながるのですね。


そうですね。この本では、ラグビーのプレーだったり、ルールのことをいろいろと説明しています。キックが出来ない選手でもパスはうまいかもしれない、パスもキックもだめだけど、タックルはすごく気持ちよく入れる選手かもしれない。誰にでも得意なことはあるんです。この本から、自分に見合ったプレーを見つけてもらって、自分の長所を伸ばすでもいいと思います。どのプレーでもいいからラグビーの面白さを感じてほしいです。

ラグビーは他のスポーツに比べて、スタートしやすいと思います。走るのが遅くて太っている子供でも、スクラムを組んだら誰にも負けない。5mの幅だったら、ボールをもったら誰にも負けない、とか。体の小さな子だったら、幅10mあれば、誰にも捕まらないとか。たくさんあるラグビーの導入部分を自分の強みと重ね合わせて見つけてほしいです。

――はじめてラグビーをする子供たち、はじめてラグビーを見る人たちは、今年、この日本でラグビーワールドカップを見ることができます。


ワールドカップはお祭りですから、日本人はみんなお祭り好きですし、だからこそあれだけチケットが売れているということだと思います。ただ、大切なのは、一大イベントとして終わるのではなく、レガシーとしてどれだけ日本の中に根付くのか、ということだと思います。そのレガシーの一つが、子どもたちがラグビーを続けることだと思います。

ラグビーワールドカップが開催されるということで多くのメディアの方に取り上げていただいて、日本代表も厳しい練習をして、結果を残そうとして頑張っています。その中でラグビーをはじめようとしている子どもたちがこの本を読んで、いろいろな疑問点をわかりやすく書いているので、役立ててほしいと思います。

「ラグビーを嫌になったことは…」

――最後に、ちょっと失礼な質問になってしまいますが、大野さんがラグビーを嫌になったことはこれまでありますか?


いや、ないですね(笑)。当然、今日の練習行くの嫌だなとかはありますけど、ラグビー自体を嫌になったことはまだないですね。ラグビーって、痛いし、キツイけど、それを前向きに取り組んでいる人って単純に「かっこいい」と思うんです。自分も大学に入って、野球部に入ろうとしていたところ、先輩に連れられてラグビー部を見に行った時、すごくかっこいいと思ったんです。

また、痛い、キツイってラグビーをやっている人は誰もが思っているんです。でも、もし自分が辞めらたら周りの人にどれだけ迷惑がかかるのか。それを考えると辞められないんですが、それでも練習に行ったら、楽しいんです。キツイ練習したあと、みんないい顔してるんですね。もしかしたら、東芝だけかもしれませんが…。いや、日本代表もそうですね。何よりもキツイ練習したあと、チームが一つになるんです。特に日本代表は寄せ集めのチームですから、キツイ練習をどれだけ長い時間共有できるかが一つのチームになれるかどうかにかかってくるんです。

 

「はじめてのラグビー」目次

はじめてのラグビー:目次


INTRODUCTION
大野均 ラグビーを始める君たちに伝えたいこと


第1章

ラグビーをはじめるメリット
ラグビーの魅力
タックル怖くない?
ラグビーをはじめるのに年齢は関係ない
ラグビー初心者Q&A


第2章 ラグビーの基礎知識を学ぼう

年代別にグラウンドのサイズ、試合時間、人数も違う
スピードを生かして相手を抜く
細かいステップの練習方法
得点の種類と方法
基本のルール解説
ボールの運び方①ラン
ボールの運び方②パス
ボールの運び方③キック
押さえておきたいルール&用語
ポジションの解説
プロップ/フッカー/ロック/フランカー/
ナンバーエイト/スクラムハーフ/スタンドオフ/
センター/ウイング/フルバック
おもな反則


第3章 ラグビー、どうプレーする?

ラグビーの基本 タックル&ラン
横へのステップ
スピードを生かして相手を抜く
細かいステップの練習法
タックルのかわし方
タックルの基本 前からのタックル
横からのタックル
基本の練習法
ラグビーの基本 パスの投げ方
ラグビーの基本 パスの受け方
スクリューパス
ハーフパス
パントキャッチ
ゴロキャッチ
パスの練習法
ラグボーの基本 ブレイクダウン
ダウンボール
スイープ
オフロードパス
モール
ジャッカル
ラグビーの基本 キック
ドロップキック
グラバーキック
チップキック
ハイパントキック
コンバージョンキック


第4章 ラグビーをするうえでの心がまえ

練習での心がまえ
コーチとの接し方
試合に出るときの気持ちのつくり方
先輩とどう付き合う?
後輩とどう付き合う?
ケガをしてしまったら
レギュラーになれなかったら
チームワークはどう作られるのか
厳しい練習を乗り越える


第5章 ラグビー、どう観るのか?

プロのプレーは誰が見ても参考になる
試合ってどう観る?
ラグビーはここを見ると面白い!
私が出会った素晴らしい選手たち


第6章 子どもにラグビーをすすめてみては?

「きつい練習」と「勝利主義」
子どものケガ、怖くない?
親として、子どもに協力できること
ブレイブルーパス府中ジュニアラグビークラブ親子アンケート


第7章 日本と世界のラグビー

世界のラグビー強豪国
世界で戦うオールジャパン
ワールドカップがやってくる!

EPIROGUE
大野均が〝本当に伝たえたかったこと〞

 

「はじめてのラグビー」(大野均監修/世界文化社) ラグビースクール様向けに 10冊×2校へ プレゼント!

世界文化社さんから、ラグビーをこれからはじめようとする子供たちを迎えるラグビースクール様向けに2スクール、10冊ずつ、計20冊をプレゼントとしていただきました。

メンタル的な部分から、スキルの部分まで盛りだくさんの内容となっています。どんどん応募してください!

応募締め切り:7月31日まで


応募はこちらから

「はじめてのラグビー」第1章を無料でお試し読み!

ラグビージャパン365では、今回紹介いたしました「はじめてのラグビー」をまるまる第1章を無料で公開(期間限定)。


この機会にぜひご一読を。


大野均選手の魅力がわかるおすすめ記事

大野均「来年も戦いたいという欲が出てきた」38歳で挑戦したスーパーラグビー。まだまだ終わりはない。(2016/07/21公開)文●編集部

ホーム秩父宮で決めた初勝利・サンウルブズのジャパニーズロック大野均が初勝利の喜びを語る(2016/04/29公開)文●編集部

「ちょっとは通用したかな」37歳大野均がスーパーラグビーの舞台へ「チームには伸びしろがあるのでこれからが楽しみ」(2016/02/28公開)文●編集部

「代表はいつも新鮮」大野均37歳・最年長キャップ記録更新(2015/10/05公開)文●大友信彦

大野均・5.25史上最多キャップへ!偉大な記録への到達は、次の偉業へのスタート(2014/05/24公開)文●大友信彦

日本代表FW史上最多キャップを更新した鉄人・大野均  進化し続ける34歳(2012/11/20公開)文●大友信彦

ラグビーにおける前面投影面積=大野均の「低さ」(2012/06/08公開)文●大友信彦

「特別な一年だった」大野均(LO・東芝ブレイブルーパス)(2012/03/13公開)文●斉藤健仁

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ