サクラセブンズ・平野優芽の現在地―東京五輪は「開催されることを信じて」 | ラグビージャパン365

サクラセブンズ・平野優芽の現在地―東京五輪は「開催されることを信じて」

2021/02/10

文●編集部


2月8日、女子7人制日本代表候補、平野優芽選手がオンライン取材に応じた。

今日は合宿が始まって3日目だったので、あまり強度は高くなく、コンタクトの細かいスキルの確認などを行いました。明日のオフを挟んでフルコンタクトなど強度の高い練習があるので、そこに準備していきたい。


――長い期間の合宿のテーマ、課題などは?


今回の合宿は、約3週間ちょっとの長い合宿になりますが今回の合宿はスペースです。ディフェンスの部分では相手のスペースを埋めること。アタックはスペースに攻撃していくことをテーマにやっています。私もこの前の合宿でチームの紅白戦で状況判断がテーマだった。合宿のテーマもスペースですし、(個人的にも)チームのゲームメーカーとしてスペースに対してアタックしていくことをテーマにしてやっています。

――先月、マキリHCが就任して


ハレさんになってから大きく戦術は変わらないが、コンタクトの練習が多くなった。コンタクトで勝つ、2対1だったり、強度の高い練習が増えたりしたことが変わったところだと思います。先月からハレさんが就任して、ひとりひとり理解してくれていて練習にもその人にあったアドバイスだったり、人を見てそれぞれにあった指導の仕方で教えてくださっている印象です。

ディフェンスのシステムのところでは、具体的に言うと、相手の立っている位置で、自分たちの対面に立っていたが、ハレさんの指導では自分たちの距離、自分たちの幅を徹底して、相手の立ち位置に関係なく、その距離を守って組織的にやっているところがディフェンスシステムでは大きく変わった点だと思います。タックルは、相手にタックルするまでの足の踏み込み、減速、力の伝え方など細かく教えてもらっている。ハレさんになって変わった点だと思います。

――国際試合から離れています。難しい状況の中で、どう補いながら五輪に向けて準備をしているのか?


最後に出場したワールドシリーズから1年ちょっと時間が経っているので、なかなかワールドシリーズの強度や強豪国のスピードから離れてしまって忘れかけてしまっているところもあると思います。

自分たち同士で世界基準の質、厳しさで練習やっていくのももちろんですが、合宿中も過去のワールドシリーズや自分が出場した試合を常に見て、スピード・コンタクトの強さを忘れないようにしたいです。映像を見ながら合宿をしている。自分たち同士で質を求めるのは難しいところもあるので、どうワールドクラスの相手に対して対戦するか。今後オリンピックに向けてやっていきたい。

――不安は?


単純に今、試合ができていない状況なので、世界の強豪国と試合ができるのはすごく楽しみです。試合が終わって日本に帰ってきて、相手が速い、強いとというような同じ課題がでることを避けたい。成果が多い状態で日本に戻ってきたい。

(海外の状況は)SNSでNZやオーストラリアがナショナルチームで合宿しているが、どのくらいの頻度でやっているかはわからない。他の国がどういった環境でやっているかはすごい気になります。


――長い合宿の大きな計画は?


延岡では自分たち同士の紅白戦じゃないですが、合宿の中で試合をしてこれまでの成果と課題を確認します。延岡に移動した後、チームの紅白戦はスケジュールとしてあります。



――久しぶりに違う環境での合宿でのリフレッシュは?


まずは熊谷より暖かい気候の宮崎に行けるのはラグビーをする面で個人的に嬉しいですがリフレッシュはどこまでオフを過ごせるかはわからないです。こういう状況なのでリフレッシュの状態で合宿できるのは、長い期間の合宿ではありがたいです。


――個人的な課題は


ウェイトの部分。体を大きく、強く。


――東京五輪の目標


開催を信じて・・・

――15人制、7人制と違う点もありますが欧州で3人プレーしています。加藤さんとは同級生です。刺激となっているのか?


加藤選手は同級生で、個人的に連絡を取ったりすることはないですが、加藤選手だけでなく、ヨーロッパで活躍する選手はSNSや記事を見て知っていますが、海外のトップレベルで試合に出て結果を出しているのはものすごく刺激になります。

競技はちょっと違いますが、海外で頑張っている日本の選手がたくさんいるので、自分もいつか、周りをそう思わせる選手になりたいし、今、刺激をもらっています。ライブ配信は時間があるときに見ています。

平野優芽(日体大女子)東京五輪の1年延期は「すべてポジティブ」

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ